iPhone・iPadでリカバリーモード・DFUモードに入る方法

iPhone iPad リカバリーモード DFUモード 方法 やり方 手順

りんごループになった時とかに使うリカバリーモードDFUモードに入る方法をメモしておきます。

Jailbreakerはもちろん、一般ユーザーも知っといて損はないかと。

iPhone 8 / 8 Plus / X以降はこちらの記事で。

iPhoneでリカバリーモードに入る方法

  1. デバイスをPCに接続してiTunesを起動し、デバイスを強制的に再起動。

  2. 再起動方法
    iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch:電源ボタンとホームボタンを同時に押し続ける。Appleロゴが表示されても指は離さず、リカバリーモードの画面が表示されるまで押したまま。
    iPhone 7/iPhone 7 Plus:電源ボタンとボリュームダウンボタンを同時に押し続ける。Appleロゴが表示されても指は離さず、リカバリーモードの画面が表示されるまで押したまま。

  3. 以下の画面が表示されたら、ボタンを離す。

iPhone リカバリーモード 画面

  1. 「復元」または「アップデート」の選択肢が表示されたら、復元を選択。

iTunes iPhone リカバリーモード

iPhoneでDFUモードに入る方法

リカバリーモードでの復元ができない場合は、DFUモードを試しましょう。やり方はリカバリモードに比べて少し複雑かもしれません。

  1. iPhoneとPCを接続。電源のオン・オフは問いません。

  2. iPhone 6s 以前、iPad、iPod touchの場合:ホームボタンと電源ボタンを押し続ける。
    iPhone 7/iPhone 7 Plusの場合:電源ボタンとボリュームダウンボタンを押し続ける。

  3. 10秒くらいしたら、電源ボタンだけを放し、ホームボタンorボリュームダウンを押し続ける。

  4. iTunesが起動し、以下の画面が表示されたらホームボタンを放す。この時iPhoneの画面にはなにも表示されないです。

iTunes iPhone DFUモード

  1. あとは、OKをクリックしてiTunesの指示にしたがって復元すればOK。

復元すると、iPhone内のデータは全て削除されます。バックアップから復元することはできるので、万が一に備えてバックアップは定期的にとっておいたほうがよいでしょう。

あと、もちろん画面が割れたなど物理的に壊れてしまった場合はどうしようもないです。

『iPhoneの使い方』カテゴリの人気記事