Logicool の新作、高性能モバイルマウス「MX Anywhere 2」レビュー

Logicool MX Anywhere 2 MX1500 レビュー

Logicoolから7月16日に発売された「MX Anywhere 2(MX1500)」を購入したのでレビュー。

デスクトップ向けのフラッグシップ「MX Master」の小型版、モバイル向けのハイエンド製品です。初めて高級マウスの類を購入したので、なかなかテンションが上がりますね!

MX Anywhereのスペック

まずは、MX Anywhere 2の仕様を、旧製品のMX Anywhereと比較。

MX Anywhere 2 MX Anywhere
サイズ/重量 34.4 × 61.6 × 100.3mm/106g 34.5 × 63 × 90.5mm/125g
接続 Unifying Picoレシーバー
& Bluetooth Smart
Unifyingレシーバー
Easy-Switch 3台 1台
DPI設定 400〜1600(200/ステップ) 100〜1500(100/ステップ)
バッテリー 充電式 単三電池×2
バッテリー持続時間 最大2ヶ月 最大4ヶ月
スイッチ寿命 1,000万回のクリック寿命 300万回のクリック寿命
スクロール 高速ホイールとチルト 高速ホイールとチルト

大きな特徴はUnifyingレシーバー以外にもBluetoothでの接続が可能になったこと、バッテリーが乾電池から充電式に変わったことでしょうか。

特にBluetoothでの接続は、USBポートを埋める必要がなくなるのでかなりありがたいですね。

あと、UnifyingレシーバーがPicoになって、でっぱりが6mmから3mmに。Bluetoothで接続する人には関係ないですが。

MX Anywhere 2の外観

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_1

箱からすでに高級感が漂ってる気がしないでもない。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_2

充電用のケーブルとPico Unifyingレシーバー(と、取説)が付属します。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_10

ホイールはクリックすることで普通のスクロールとロジマウスの特徴でもある高速スクロールの切り替えが可能。欲を言えばMX Masterみたいにスクロールの速さで自動で判別してほしかったけど。

チルトもついているので、ホイールを左右に動かすことで左右のスクロールもできます。横長なExcelとかで助かります。

ホイールの下のボタンは、ジェスチャー機能にも対応していて、クリックのほか、クリックしながらマウスを上下左右に動かすことでアクションを実行できます。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_3

裏。電源ボタンとペアリング用のボタン、接続する機器を切り替えるためのEasy-switchボタンがあります。ちなみに、トラッキングセンサーはDarkfieldという不可視レーザーでガラス面でも問題なく使えるとのこと。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_8

横。進む・戻るボタンがあります。後述しますがこれは他の機能を割り当てることも可能です。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_9

反対側はなにもなくすっり。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_7

モバイルマウスということで、手のひらにすっぽり収まるくらいのサイズです。被せ持ちよりかはつまんで持つような人の方が持った感じはいいかも。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_4

充電式のバッテリーを搭載していて、充電はmicro USBケーブルで行います。1分の充電で約1時間使えて、フル充電すると2ヶ月使えるらしいです(一日6時間の使用を想定した場合)。

寿命が長い、高速充電が可能のなのはもちろん、micro USBなのでわりとどこでも充電できますね。PCに接続して充電しながら使用することもできるのは便利だと思いました。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_5

充電中はインジケーターが光ります。残量表示みたいなのはありません。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_6

最大3台のデバイスにペアリングし、Easy-switchボタンで簡単に切り替えられます。切り替え後のラグも少なく、ストレスを感じることはありませんでした。

ボタンのカスタマイズが豊富

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_11

Logicool Optionsというソフトウェアをインストールすることで、いろんな設定ができます。割り当てが可能なのはホイールの左右散チルトと左側の進む・戻るボタン、ジェスチャーボタンの5つ。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_12

また、ポインタやスクロールの速度、スクロール方向なんかも設定できます。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_13

便利なのはジェスチャーボタンのカスタマイズ。アプリの起動やメディアコントロールはもちろん、Mac特有のMission ControlやLanchpad、アプリケーションExposéも割り当てられます。

Logicool MX Anywhere 2 wireless mobile mouse_15

参考までに、僕はジェスチャーボタンの割り当てをこんな感じにしました。左右チルトと進む・戻るボタンはそのままです。


2、3日使いましたが、かなりいいですねこれは…

会社の先輩からM950を頂いたんですが、チャタリングが度々発生してちょっとストレスになっててやっぱ自分で買わなきゃってなって、いいの使ってしまった結果ちょっといいやつが欲しくなって、ちょうど新しいのが出るじゃん!みたいな感じで買ったんですが、非常に満足です。

M950のようにホールド感あるやつもいいですが、昔から小さめのマウスを使っていた僕にはMX Anywhere 2ぐらいも馴染みます。高速スクロールの切り替えがMX Masterと同じだったらもっと良かったですがw

価格は約1万円とやっぱり高いですが、かなり満足しています。どうせほぼ毎日使うしね!

『モノ』カテゴリの人気記事