Xperia Z4、氷水に浸けてベンチマーク測定したらマジでスコアが上がった

xperia-z4-benchmark-score-cool

Xperiaアンバサダープログラムでお借りしていたXperia Z4

Snapdragon 810の発熱がやばすぎてパフォーマンスダウンが体感できるレベルなんですが、これ冷やしたらいい感じなのでは?と思い水中とか冷えた環境でベンチマークを測定してみました。

…ってのを書こうと思ったらガジェットショットさんが先にやってましたね。これによると、約1.5倍になったらしい。

まぁ、自分で試すことに意味があるということで。

水中ベンチマークの結果やいかに

おなじみAnTuTuベンチマークを使って測定です。

まずは、エアコンの温度を28℃に設定した室内で測定。

スコアは41,570。まぁ全然低くはないとはいえ、Z4より世代の古いGalaxy S5よりも低いという結果に。スコアが全てではないとはいえ、うーん…

xperia-z4-benchmark-score-cool_3

次に、キンキンに冷えた氷水を用意し、そこにXperia Z4を入れて測定します。

xperia-z4-benchmark-score-cool_1

水中での誤作動を防ぐためにスモールアプリのを使用。完璧にスライドしないかぎり操作がロックされるので、お風呂でアイカツ!見たりするときにも便利ですね。

xperia-z4-benchmark-score-cool_4

結果、スコアは56,727に!すげえ!!1.5倍とは言わないものの1.3倍以上のスコアになりました。

xperia-z4-benchmark-score-cool_5

最後に、冷蔵庫に入れて測定してみます。なんていうか、ビールしかねえ…

xperia-z4-benchmark-score-cool_2

スコアは53,312と水中と同じぐらいでした。

xperia-z4-benchmark-score-cool_6


結果として、本体温度が低いとスコアは段違いによいことがわかりました。冬モデルとして出していればあるいは…と思ってしまう感じですねこれはw

僕が借りていたZ4は、ほかの人が使っていたZ4のようにカメラが強制終了することはあまりありませんでした。炎天下の屋外で使っていたときも、数枚の撮影ぐらいなら耐えてくれていましたね。ひたすら熱かったですが。

冬だったら地元の青森で雪に突っ込んで測定したり、周りの雪が溶けていく様子をタイムラプスで撮影できたなぁ…w

『Xperia Z4』カテゴリの人気記事