ファーウェイの「P8 lite」「TalkBand B2」タッチ&トライイベントに参加しました

huawei-event-report

ファーウェイ・ジャパン主催の「P8 lite」「TalkBand B2」タッチ&トライイベントに参加しました。

会場はファーウェイ・ジャパンのオフィス。初潜入でした。

huawei-event-report9

軽食も出てありがたい限り。最近のイベントではビールがデフォなんですか?ありがとうございます。

huawei-event-report1

まずはファーウェイの紹介から。今年で10周年を迎えたファーウェイ・ジャパン、もWiFiルーターを使ったことがある人は多いとおもいます。

huawei-event-report2

2014年からはSIMフリーのスマートフォンをどんどん発売しています。

huawei-event-report3

世界ではスマホ出荷台数3位、モバイルWi-Fiルーターの販売数では1位となっています。また、日本でもモバイルWiFiルーター販売1位、タブレッド端末出荷台数は5位と健闘していますね。

huawei-event-report4

製品ランナップはこんな感じ。こう見ると結構スマホ出してるんすね。今回のイベントではP8 liteとTalkBand B2をモニターでお借りすることに。

3万円を切るオクタコアスマホ「P8 lite」

huawei-event-report6

3万円を切るオクタコア端末というのが最大の特徴です。

huawei-event-report7

FOMAプラスエリアに対応して幅広いエリアで使えたり、5MPのインカメラで自撮りをよくするユーザーにもぴったりといった訴求ポイントがあります。

huawei-event-report8

7.7mmの薄さを実現し、背面カバーは高級感のあるヘアライン仕上げ。

低価格ながらHDディスプレイを搭載。IPS液晶で視野角も広くなっています。

huawei-event-report10

ハイシリコンのオクタコアプロセッサKirin 620を搭載しています。

huawei-event-report11

処理によってコアの動作を最適化し、スタミナとハイパフォーマンスの両立を実現。AnTuTuのスコアは35351と、HTC ONEやNexus 5よりも高いスコアをたたき出しています。

huawei-event-report12

重い処理をするときは8コアをバリバリ使ってサクサク動作、そうでないときは省電力動作により電池持ちを抑えることができます

huawei-event-report13

13MP、F2.0のメインカメラで、表面はゴリラガラスでしっかり保護。

huawei-event-report14

暗いところでも低光量撮影で低ノイズの写真が撮れます。

huawei-event-report15

ボリュームダウンの2度押しで即撮影できるウルトラスナップモード。

huawei-event-report16

14μmのセンサー、22mmの広角レンズを採用した500万画素のインカメラ。自撮り棒がなくてもしっかり綺麗に撮影できます。10段階のビューティーモードでがっつり盛れますwまた、その状態での動画撮影も可能になりました。

huawei-event-report17

登録した顔にだけビューティモードをきかせたれるパーフェクトセルフィー機能という機能も。これはいろいろとアレな機能ですねw

huawei-event-report18

ワンハンドレイアウトを搭載しているため、5インチじゃ大きいという人でも片手で使いやすくなっています。

huawei-event-report19

画面スリープ状態からでもジェスチャーでアプリを起動できるタッチジェスチャー機能もあります。

huawei-event-report20

アコースティックチャンバー構造の高性能モバイルスピーカー。よくわからんけどサウンドにもこだわっています。

huawei-event-report21

デュアルSIMですが、片方は2Gなので国内で使う分には意味なしです。

huawei-event-report22

まとめ。洗練された薄型ボディ、オクタコアのプロセッサ、13MPの暗所にも強いメインカメラ、5MPの広角で撮れるインカメラを搭載しつつ、本体価格は3万円未満に抑えています。

洗練されたデザインで便利な機能も詰まった「Talkband B2」

huawei-event-report23

huawei-event-report24

スタイリッシュでプレミアムなデザイン。

huawei-event-report25

本体は着脱式でヘッドセットとしても使えます。バンドも自分で変更可能。

huawei-event-report26

タッチスクリーンによる操作ができます。

huawei-event-report27

時計のスタイルも変更可能。もう少しいろいろあってもよさげかな。

huawei-event-report28

ノイズキャンセル機能を搭載しているため、高音質な音声通話が可能。

huawei-event-report29

連絡先と連携し、着信先の相手を表示できます。

huawei-event-report30

6軸モーションセンサを搭載しており、様々な動きを自動で認識します。

huawei-event-report31

独自のアルゴリズムで日常の行動パターンを分析してくれます。便利!

huawei-event-report32

Huawei Wearアプリにより色んな情報を閲覧できます。AndroidでもiOSでも使えますよ。

huawei-event-report33

また、Jawboneのアプリとも連携可能となっています。

huawei-event-report34

AndroidとiOSで2台同時に接続できます。なんかすごそう。

huawei-event-report35

ペアリングしたスマホを探すといった機能もあります。その他、スタンドアップ通知機能やカメラのシャッターを切る機能なんかも。

huawei-event-report36

連続通話時間は6時間、アクティビティトラッキングなら5日間ほど電池が持つようです。充電はmicro USBからできて、1.5時間で満充電に。

1万円でかえる7インチタブレット「MediaPad T1 7.0」

huawei-event-report37

とにかく安い!1万円以下です。

huawei-event-report38

特徴はこんな感じ。コスパ良さげですね。

huawei-event-report39

スペックはこんな感じ。クアッドコアのCPUを搭載。解像度が低いなって感じですが、まあ価格相応ということで。


今回のイベントではP8 liteとTalkBand B2がモニター用にプレゼントされ、レビュー希望者にはMediaPad T1もプレゼントと、かなり太っ腹!

『Android』カテゴリの人気記事