2018年に食べて美味しかった肉まとめ

2018年最後の肉の日です。

というわけで、今年食べて美味しかった肉をまとめます。肉食べたい。

肉と日本酒

肉と日本酒」は外せません。都内で一番優勝に近い場所だと信じています。

A5ランクのお肉が塩とタレで楽しめて、ビール・日本酒飲み放題、オススメの日本酒は店長自らプレゼンしてくれます。まぁこれが水すぎて水。

そんな最高なmeat experienceを堪能できてお値段が6,500円。もうほんと意味が分かんない(褒め)

今年は4回イクことができて非常に嬉しいです。

肉と日本酒 – 千駄木

肉酒場

ロース焼肉専門店 肉酒場 焼肉六点盛り

関東のゴッサムシティこと川崎市(といっても武蔵小杉というファミリータウン)にあるロース焼肉専門店「肉酒場」。

特選盛り合わせはもちろんのこと、本日のオススメに並ぶ肉達の強さといったらもうたまりませんよ。

しっかり刺しの入った部位から、さっぱりした赤身まで、どれ一つとして甘えがない感じ、非常によいです。

それでいて価格も比較的リーズナブル。行くときは4人以上がオススメです。

肉酒場 – 武蔵小杉

万両

大阪に5店舗を構えるコスパ最強焼肉「万両」。

大人10人くらいで好きなように肉と酒を頼み、あ〜もう満足ですねってくらいで会計が一人5,000円以下。普通に衝撃受けました。

安いからと言って味がイマイチなわけでもなく、普通にめっちゃ美味しかった。特にあご肉と上ミノ、最高すぎる。

大阪に行く際は必ず行ってやろうと誓った焼肉屋さんです。また行きたい。

万両 堺筋本町店 – 堺筋本町

ヒレ肉の宝山

ホルモン系焼肉屋のひしめく錦糸町。その南口に店を構えるのが「ヒレ肉の宝山」。

厳選された和牛のみをしいれているので肉の質はどれも逸品。何を頼んでも普通に美味いんだろうなという肉のラインナップには唸ります。

ヒレ肉の宝山といえばミートオークションです。その日仕入れた最高の塊肉をその場で部位ごとに分けて、客同士で競り合います。1,000円スタートでガンガン値段が上がっていくんですが、高くても市場価格の7割程度の値段で希少部位が楽しめちゃうというヤバさ。

部位によっては一頭から数十グラムしかとれない部位とかもあって、絶対に普通の焼肉屋には並ばないところだって食べられるという肉体験。それでいて全体的な価格もそこまで高くないというのだから驚きです。

ヒレ肉の宝山 錦糸町店 – 錦糸町

肉山

肉山

言わずと知れた吉祥寺「肉山」。なかなか予約が取れないことでも有名です。

5,000円のコースでいい感じに美味しいお肉が楽しめるのはかなりコスパもいいんじゃないでしょうか。

牛だけではなく豚や馬の肉を、いい感じに焼いてくれるので我々は食べるだけ。こんな贅沢なことがありますか??

肉山 – 吉祥寺

肉のヒマラヤTeppan

鉄板の上で楽しむ肉のヒマラヤ「肉のヒマラヤTeppan」。

2つのコースがあって、どちらも肉のヒマラヤは食べ放題。人生でヒマラヤ登頂することなんてそうそうないと思いますが、肉のヒマラヤなら1日に何度でも登頂が可能!

また、KURANDと提携していて並んでいる日本酒もかなりレアなものばかり。コースに2,000円追加すれば日本酒が飲み放題になるので、肉も日本酒も楽しみたい人はちょっと奮発するのもありかも?

全体的に非常に満足度が高いお店なんですが、この記事で紹介している中では一番割高というのがネックですね。

肉のヒマラヤ Teppan 赤坂店


今年も大変美味しゅうございました。

来年もいい肉食べたいですね。

created by Rinker
¥1,404 (2019/03/25 22:42:22時点 Amazon調べ-詳細)

『でこ肉』カテゴリの人気記事