先代より容量アップかつ重量ダウンながらも手頃な価格を実現した「cheero Power Plus 3」

先代より容量アップかつ重量ダウンながらも手頃な価格を実現した「cheero Power Plus 3」

2014/12/07
モバイルバッテリー
cheero Powe Plus 3 cheeroの新製品「cheero Power Plus 3」をポチりまして、届きました。 これは素直にオススメな製品です。

大容量、軽量ながらもお手頃価格

cheero Powe Plus 3_01 パッケージは今までとは比べ物にならないぐらいシンプル。とことんコストカットしてますね。 cheero Powe Plus 3_02 収まっています。 cheero Powe Plus 3_03 段ボールに本体が置かれただけみたいな感じですね。 cheero Powe Plus 3_04 メッセージが込められています。日本製で最高技術の電池を使うことで「業界最軽量」を実現しつつも、パッケージや付属品をシンプルにして、1円でも安することにこだわったようです。 cheero Powe Plus 3_12 付属品はmicro USBケーブルと取説のみ。過去の製品は持ち運びようのポーチだったりACアダプタが付属していましたが、なくなっています。 cheero Powe Plus 3_05 デザインも今まで以上にシンプルな感じですね。 cheero Powe Plus 3_06 収まりがよい。 cheero Powe Plus 3_07 容量は13,400mAh。先代のcheero Power Plus 2よりも3,000mAh増えています。そして入力電流が2Aになり、本体を充電する時間が短縮。8hで満充電可能とのこと。 cheero Powe Plus 3_08 出力は1Aと2.4Aの2口。2.1A出力は結構見るようになりましたが、それよりもちょっと大きいです。 cheero Powe Plus 3_09 残量は4段階。13,400mAhなので1つあたり3,350mAhなんですかね? 今までの製品にあったLEDフラッシュライトはなくなっています。これはコストカット+軽量化のためのようです。僕はケータイのライトを使っていたのでこれはなくなっても特に不便ではないですね。

cheero Power Plus 2との比較

先代のcheero Power Plus 2と比較してみます。cheero Power Plus 2のあとにcheero Energy Plusという製品が出ていますが、Power Plusシリーズなので。 cheero Powe Plus 3_10 サイズは111×80×22mmから92×80×23mmへ。だいぶ小さくなってます。重量は290gから245gと20%も軽量に。 cheero Powe Plus 3_11 厚さは1mm増しぐらいなので特に気にならず。 小さくて軽く、でも容量はアップ。日本の技術すごいです。

充電時間が短く

先述の通り入力電流が2Aにアップ(Energy Plusは1.6A)していて、短時間で満充電できます。8時間なので、寝る前にしておけば翌朝家出るときには満タンなんじゃないですかね、健康的な生活なら。 cheero Powe Plus 3_13 もちろん2AのUSBアダプタを使わないと急速充電はできませんからね。ちなみに、cheero Energy Plusに付属してきたACアダプタで充電したところ、1.74Aで充電できました。

cheero Power Plus、Power Plus 2ユーザーは買い換え時かも

cheero Powe Plus 3_14 一般的に、モバイルバッテリーは2年ほど使うと容量がかなり減るらしいです。初代cheero Power Plusは発売から2年半ぐらい経ってますし、Power Plus 2もそろそろ2年経ちます。 ちょうどバッテリーがへたってるころなので、買い換えにはちょうどよさそうですよ。通常価格は3,480円。cheero martから買いましょうね。