ドコモの「ギガホ」と「ギガライト」についてカンタンにまとめてみた

ドコモ ギガホ ギガライト

ドコモの新料金プランギガホ・ギガライトが発表されました。

というわけで、2019年5月22日に予約受付を開始し、6月1日から提供が開始されるギガホ・ギガライトについてまとめてみました。

新プランにするとどれくらい安くなるのか計算してみました

ギガホ・ギガライト の概要

料金プラン

プラン名 月額料金
(2年定期契約の場合)
利用可能データ量
ギガホ 6,980円 30GB
ギガライト ステップ4
<~7GB>
5,980円 7GB
ステップ3
<~5GB>
4,980円
ステップ2
<~3GB>
3,980円
ステップ1
<~1GB>
2,980円

プランはギガホとギガライトの2つのみ。従来は音声プランとデータプランで計10種類くらいある中から選ぶ感じだったので、ここは非常にシンプルになりました。

30GB定額のギガホ、7GBまで段階制のギガライトだけなので覚えるのも簡単ですね。

それぞれ利用可能データ量を超えると通信速度の制限が行われますが、ギガホはこの制限が128kbps→1Mbpsに緩和されています。ギガライトは従来どおりですよ。

料金イメージはこんな感じ。ただ、この図は後述する割引を加味した価格になっています。分かりづらいね。

2台目プラスの代わりの「データプラス」

ギガホ・ギガライトにはシェアパックや2台目プラスがありません。そのかわりに、タブレットやモバイルルーターは「データプラス」に加入できます。

「データプラス」では月額1,000円でペアになる音声回線のデータ量を一緒に使うので、実質2台目プラス的な感じですね。ただし、ペアに設定できるのは1回線までなで、シェアパックのように1つの音声回線に対して複数のデータプラスをぶら下げる、ということはできなくなっているので注意が必要です。

音声オプション

音声オプション名 オプション料金 通話料
なし 家族間国内通話:無料
家族以外への国内通話:20円/30秒
5分通話無料オプション 700円 <1回あたり5分以内の通話>
国内通話無料
<1回あたり5分超の通話>
家族間国内通話:無料
家族以外への国内通話:20円/30秒
かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料

音声通話は上表の通話オプションを別途追加する感じです。

データ量を30GB定額か7GBまでの段階制の2つから選んで、必要であれば音声オプションをプラス。これだけなので選択肢はかなり少なくて確かにシンプルです。

家族や会社での利用による割引

ギガホ・ギガライトでは今までのシェアの概念がなくなった代わりに、家族や会社で複数人でドコモを利用しているとき、人数に応じて割引額が変わる「みんなドコモ割」があります。

プラン名 「ファミリー割引」or「ビジネス通話割引」グループ内の音声回線数
1回線 2回線 3回線以上
ギガホ
(6,980円)
-500円
(6,480円)
-1,000円
(5,980円)
ギガライト ステップ4
<~7GB>

(5,980円)
-500円
(5,480円)
-1,000円
(4,980円)
ステップ3
<~5GB>

(4,980円)
-500円
(4,480円)
-1,000円
(3,980円)
ステップ2
<~3GB>

(3,980円)
-500円
(3,480円)
-1,000円
(2,980円)
ステップ1
<~1GB>

(2,980円)
-500円
(2,480円)
-1,000円
(1,980円)

ファミ割 or ビジネス通話割 のグループ内の音声回線の数に応じて、最大で月額1,000円が割り引かれます。

ギガホ回線が1つで他の家族がシェアパック、という場合でも割引率が変動する仕組みです。

ドコモ光セット割は各回線で割引

ドコモ光セット割は、従来プランだと主回線に対しての割引でしたが、ギガホ・ギガライトでは各回線に割引が適用されます

プラン名 「ドコモ光セット割」割引金額
※()内は割引適用後の月額料金
ギガホ -1,000円
(4,980円)
ギガライト ステップ4
<~7GB>
-1,000円
(3,980円)
ステップ3
<~5GB>
-1,000円
(2,980円)
ステップ2
<~3GB>
-500円
(2,480円)
ステップ1
<~1GB>

(1,980円)

特典・割引

ずっとドコモ特典

ギガホ・ギガライト・ケータイプラン向けの特典として「ずっとドコモ割」が提供されます。

内容は、契約者の誕生月に期間・用途限定のdポイントがもらえるというもの。dポイントステージに応じてもらえるポイントは変わります。

いままでは2年契約を更新するタイミングで3,000ptもらえていましたが、1年に1回ポイントがもらえるようになりました。

ポイントの獲得にはユーザー自身による手続きが必要なので、忘れないようにしましょうね。

dポイントクラブステージ 進呈ポイント数
プラチナ 3,000pt
4th 2,000pt
3rd 1,500pt
2nd 1,000pt
1st 500pt

最大6ヶ月間 1,000円割引の「ギガホ割」

2019年9月30日までにギガホに加入すると、最大6ヶ月間、月額1,000円割引が受けられる「ギガホ割」が実施されます。

はじめてスマホ割

ドコモのケータイからギガホ・ギガライトに申し込み or 他社ケータイからギガホ・ギガライトに申し込みすると、最大12か月間月額1,000円の割引が受けられる「はじめてスマホ割」が適用されます。

新規受付を終了するもの

以下は、ギガホ・ギガライトの登場に合わせて新規受付を終了するプランと割引です。

2019年5月31日で新規受付を終了するサービス

  • 「カケホーダイ&パケあえる」のFOMA、Xi料金プランおよび「docomo with」などの割引サービス
  • 「月々サポート」「端末購入サポート」「機種変更応援プログラム」「機種変更応援プログラムプラス」「光単独タイプビジネス割」

2019年9月30日で新規受付を終了するサービス

  • 「カケホーダイ&パケあえる」以外のFOMA音声プランおよび割引サービス(2in1を含む)
  • iモード

2020年3月31日で新規受付を終了するサービス

  • 「カケホーダイ&パケあえる」以外のFOMAデータプラン・ユビキタスプランおよび割引サービスなど

月々サポート・docomo with・端末購入サポート 利用者は注意が必要

ギガホ・ギガライトに変更すると、月々サポートやdocomo withなどの現行プラン向けに提供されている割引が終了します。また、端末購入サポートの利用期間中に新プランに変更すると解除料が発生してしまいます。

僕もiPhone XSの月サポがあって、ジョジョスマホを端末購入サポートを利用して購入しているので、利用期間が終わるまでは新プランに変更すると結構お金がかかってしまうんですよねぇ….


ギガホ・ギガライトについて、簡単ではありますがまとめてみました。

シンプルになったのか逆に複雑になったのか…みたいなところではありますが、前回の端末購入から2年以上経過していて月サポや支払いが終わっているという人はギガホ・ギガライトにしたら安くなるんじゃないかな?という感じですね。

それ以外の人はそれらの割引の分価格が上がることになりますし、端末購入サポートで購入している人は解除料がかかってしまうので、身動きとれないなぁ…というアレでしょう。

参考:報道発表資料 : 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

『モバイル』カテゴリの人気記事