毎月60GBまで使える「ギガホ増量キャンペーン」にひかれてギガライト回線をギガホに変更した

2020/02/14
毎月60GBまで使える「ギガホ増量キャンペーン」にひかれてギガライト回線をギガホに変更した

サブで契約しているギガライトの回線をギガホに変更しました。

毎月使えるデータ量が30GBから60GBに増える「ギガホ増量キャンペーン」があったのが主な理由なんですが、いろいろ計算してたらメイン回線もギガホにしたほうが安くなるっぽい。

ギガホ増量キャンペーン

ギガホ増量キャンペーンは2020年1月1日から実施されているキャンペーンで、ギガホの毎月の利用可能データ量を30GB増量するというもの。

料金そのままで毎月のデータ量が30GBから60GBになるのでだいぶすごい。

キャンペーンの期間は特に明記されていないので、長期間継続する可能性も期待できそうな感じ。

ギガライト→ギガホに変更

ギガライトからギガホに変えて、料金はこんな感じになりました。

ギガライト
(~1GB)
ギガホ
(60GB)
基本料金 2.980円 6,980円
みんなドコモ割 -1,000円 -1,000円
ギガホ割(6ヶ月間) -1,000円
光セット割 -1,000円
合計 1,980円 3,980円

料金2,000円アップで使えるデータ量が1GB→60GBになりました。安くない?

メインもギガホにしたほうが安くなりそう

メイン回線は旧プランで、カケホーダイライト+ウルトラデータLパック(20GB)です。それに2台目プラスでデータ用の回線をぶら下げている感じ。

現状の料金は以下。

カケホーダイライト 1,700円
ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円
SPモード 300円
ドコモ光セット割 -1,400円
ずっとドコモ割 -200円
合計 6,400円

ギガホは3,980円(ギガホ割の適用がなくなっても4,980円)なので、ギガホの方が全然安いですね。なのになんで旧プランだったかというと、月々サポートによる割引があったからです。

機種変したりしてたら月サポが切れたので、おとなしくギガホにしたほうが安くなっちゃったわけですね。

2台目プラスの方の料金も確認してみます。

データプラン(スマホ) 1,700円
シェアオプション
(2台目プラス)
500円
SPモード 300円
合計 2,500円

データ量を分けてもらうだけなのに高いですね…ギガホのデータプラスなら1,000円なので、圧倒的にそっちのが安いです。

今までのウルトラデータLパック+2台目プラス+ギガライトからギガホ+データプラス+ギガホに変更すると、料金は10,880円から8,960円に下がります。ギガホ割が終わると10,960円とちょっと高くなりますが、使えるデータ量は20GB+1GBから60GB+60GBに爆増ですからね。

まぁ実際は120GBもいらないわけで、3回線で50GBあっても余裕で余るくらい。旧プランのシェアパックの方が安いのでは?みたいに思ったりもしますが、どうせ新たに契約することはできないので考えないことにしましょうw


というわけで、ギガライトをギガホに変えたついでに料金計算してみたらギガホがかなりお得だったというお話でした。

ギガホ/ギガライトは、Amazonプライムが1年間無料になったりDisney DELUXEが1年間無料で使えたり、様々なキャンペーンをやっているので、結構お得だったりします。

月サポ切れるタイミングとかだったら一度契約状況や料金を確認してみるといいかもしれません。

ドコモオンラインショップ

格安SIM(MVNO)で消耗するのが面倒になったので回線を全部ドコモにした
いろいろあって手持ちの回線をドコモオンリーにしました。 【追記】ドコモの新プラン「ギガホ」「ギガライト」でドコモでも消耗しそうな気配がしているな? https:…
decoy284.net