RICOH GR IIIx 飯写レビュー #カメクラの沼カレ2022

RICOH GR IIIx 飯写レビュー #カメクラの沼カレ2022

RICOH のコンデジ GR IIIx を購入してから約9ヶ月。

ポケットに入るサイズなので、旅行やちょっとした外出時にも悩むことなく持ち運ぶことができて最高です。

今まで撮った写真を見ていると、スナップよりも飯の写真が圧倒的に多かったので、飯写レビューしていきます。

リコー
¥125,820 (2023/03/26 22:59時点 | Amazon調べ)

RICOH GR IIIx

GR IIIx は2021年10月に発売された RICOH のコンパクトデジタルカメラ。

GR III とデザイン・サイズ・重量はほぼ同じですが、焦点距離が35mm換算で28mmから40mmに変わっています。

どの画角が好きかってのは人によりますが、僕にはこの40mmがドンピシャでした。

[作例] RICOH GR IIIx で撮った飯の写真

では RICH GR IIIx で撮った飯たちを見ていきましょう、すべて撮って出しです。とりあえず見てくれ。

28mmだと広く写りすぎてしまうので余計なものが入りがちですが、40mmなのでそういったことが少なくていい感じです。

手ブレ補正もしっかり効くので、暗めな店でもシャッタースピードを落として撮影できるのもすばらしい。

タッチパネルでのフォーカシングもこのサイズのカメラだと非常に便利で、構図が決めやすいと感じます。

ややAFが遅いと感じるときもあるんですが、そんなときはシャッターボタンを押し込むことであらかじめ設定した距離で撮影できるフルプレススナップという機能が便利。自分の乾杯位置に設定しておけば概ねちゃんと写ります。

繰り返しになりますが、これだけいい感じに写るカメラがポケットに入るサイズというが本当に素晴らしい。「今日はカメラ持っていこうかな?」と悩む前に小さいバッグに突っ込んでることが多くなりました。

GR III も素晴らしいカメラだと思いますが、僕には GR IIIx が合っているなと感じます。

来年1月に値上げされるそうなので、その前にいかがですか?

リコー
¥125,820 (2023/03/26 22:59時点 | Amazon調べ)
焦点距離40mmのGR、「GR IIIx」を購入しました。 つーわけで、外観レビューとGR IIIxを買った理由を書いていこうと思います。 レビューも書きました…
decoy284.net
RICOH GR IIIxを購入してから何度か撮影の機会があったので、作例を交えながらレビューをお届けします。 一言でいうと、GR IIIxめっちゃいいです。
decoy284.net

この記事は、しむ(@46sym)さん主催の「カメクラが沼へ誘う Advent Calendar 2022」の24日目の記事です。

昨日は黒ぽんさんの記事「モノクロ写真に色をつけて遊ぶ – こういうのもありかもしれない #カメクラの沼カレ2022」でした。モノクロ→AIカラー化面白いですね。こういった遊びが気軽にできるのもいいなぁ。

明日はいよいよ最終日。沼のラスボスしむさんがどんな記事を書くのか、めちゃめちゃワクワクしますねぇ。

モバイルバージョンを終了