iPhone 12 Pro パシフィックブルー 開封&外観レビュー

iPhone 12 Pro パシフィックブルー 開封&外観レビュー

iPhone

iPhone 12 Pro パシフィックブルー を購入しました。開封してサクッと写真を撮ったので外観レビューをしていきます。

iPhone 12 Pro パシフィックブルー 実機フォトレビュー

同梱物からUSB充電器とイヤホン(Ear Pods)が除かれたことで箱が薄くなりました。薄いのはいいことです。

ぶっちゃけケーブルもいらないのでもう半分くらいの薄さにしてほしい。

購入したのは新色のパシフィックブルーです。良さげな色だったので決めました。

背面はiPhone 11 Pro同様すりガラスみたいな感じでサラサラとした質感です。すこ。

角の丸まってないこの形、待ってた…

照明の関係で明るめに写っていますが、実際はもうちょっと暗めな感じです。

今使ってるiPhoneはiPhone SE(第2世代)なので、だいぶ画面が広いな~って感じ。ただ、まだまだベゼルは狭くできると思う。

サイドフレームは光沢。iPhone 11 Proを使ってたときは「サイドフレームもマットな感じにしてくれや…」と思っていましたが、それはラウンドしていたせいなのかもしれません。こっちのは普通にいい感じです。

今まではサイドボタンがある側にSIMスロットがありましたが、iPhone 12 / 12 Proシリーズは逆側になっているようです。

反対側です。ミュートスイッチ、ボリュームボタン、SIMトレイ。

相変わらずのLightningポート。いい加減USB-Cポートにしてくれやと思ったりもしますが、ワイヤレス充電に対応してからはケーブルで充電することが外出先くらいしかないのでまぁいいかなってなってます。

ケーブルを減らせるメリットはあるかもしれませんが、2台持ちで両方充電したい場合は結局ケーブル2本必要だからな?

カメラ部分。トリプルレンズに戻ってきました。ホワイトバランスが改善されているので期待しています。動画もいいかんじならVlogとか捗るかもですね。

手に持ってみたときのサイズ感はこんな感じ。当方手の大きさは平均くらいかと思います。

角があるのでスペック上の数字よりもサイズを感じるかもしれません。


サクッとですが iPhone 12 Pro パシフィックブルーの外観を紹介しました。

新色のパシフィックブルーは爽やかさもありつつ落ち着いた感じもあってだいぶ好みですね。Apple Storeで見たiPhone 12のブルーは青青していたので、iPhone 12 miniはブラックを買うと思います。

iPhone 12 Proのファーストインプレッションや使い込んでみてのレビューはまた別記事で。

本命はiPhone 12 miniなんですよ。

今回のiPhoneはiPhone 12 miniを買うぞ!と思っていたのにiPhone 12 Proを予約してしまいました。なぜ。
decoy284.net