Amazonのほしい物リストから匿名でギフトを送る方法

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

匿名でAmazonのほしい物リストを作る方法」という記事を書いて、そこそこ読まれているんですけど、自分が誰かに送る時は匿名にできないの?みたいなことを聞かれます。

そう、商品と一緒に届く納品書にはバッチリ氏名と住所が記載されているんですよね。

というわけで、匿名で、住所もバレないようにほしい物リストから商品を送る方法を紹介します。

他人の「ほしい物リスト」内の商品を匿名で送る方法

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

Amazonにログインして、「アカウント&リスト」の「アカウントサービス」をクリック。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

「アドレス帳」を選択します。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

「新しい住所を追加」をクリック。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

こんな感じで住所の追加画面になります。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

ここで、氏名をハンドルネーム、住所を適当に入力。電話番号は相手に伝わらないのでちゃんと入力しましょう。

請求先住所は本人であることを確認できる住所にするようになっていて、決済がうまくいかないなどがあれば問い合わせがくる場合があります。

ですが、普通であればメールがくると思うので大丈夫かなと。(一度友人から適当な住所でギフトが届いたこともあるし、多分)

もしくは、区市町村までにするとかで省略するというのでもいいですし、そのへんは自身の判断でやりましょう。

実際にほしい物リストから匿名で送れるか試してみる

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

実際に友人のほしい物リストからギフトを贈ってみましょう。

ほしい物リストから、カートに入れます。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

ギフト設定とかを勧めていくと、請求先住所の選択になりました。

先程の手順で作成した、個人情報ゼロの住所を選択します。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

先程の画面が出ない場合でも、注文内容の確認・変更の画面から、請求先住所を変更できます。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

同様に、個人情報が入ってない住所を選択するだけ。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

注文の確認画面で、請求先住所が問題ないか確認したら、注文を確定します。

Amazon ほしい物リスト 匿名で送る方法

後日届いた商品の納品書を確認してもらったところ、匿名かつ本当の住所もわからないようになっていました。(Tomおじさんありがとう)


面倒臭そうですが、実際やれば数分で終わる感じです。この先ほしい物リストからギフトを贈ることがあって、本名とか住所がバレるのイヤだな~~って人はやってみてください。

僕は、ガチガチに本名隠してるわけではない(TwitterとFacebook両方でつながってる人いる)し、住所もそこまで気にしてないので、いつも名前のとこだけ「でこい」にして贈ってます。本名知らない人からしたら「誰???」ってなりますしね。

なお、現住所ではない住所を請求先に設定することで問題があっても責任は取れないのでご了承ください。一応利用規約は確認していますが。

最後に、僕のほしい物リストを貼っておきますので、この記事が役に立った、とか思ったらギフト券なんかをくれるとはちゃめちゃに喜びます!

でこいのほしい物リスト

匿名のほしい物リストを作る方法はこちら

『Amazon』カテゴリの人気記事