USB PD対応でコンパクトなモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」レビュー

Ankerのモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」を購入したのでレビューします。

18WのUSB PDに対応していてスマホやタブレットを高速で充電できる、コンパクトなモバイルバッテリーです。

Ankerということで安心感があるのもいいですね。

USB PD対応でコンパクトなモバイルバッテリー

いつものAnkerの箱。

モバイルバッテリー本体の他に、USB C-Cのケーブル、ポーチ、マニュアルが同梱されています。

少し丸みを帯びたデザインになっています。

スペックは以下の通り。

Anker PowerCore 10000 PD
容量 10,000mAh
PD入力 5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A
PD出力 5V=3A, 9V=2A, 15V=1.2A
PowerIQ 出力 5V=2A
合計最大出力 28W
サイズ 約114×52×25 mm
重量 約192g

USB Type-CポートとUSB Aポート。バッテリー本体の充電はUSB Type-Cのみ。

本体横にボタンとLEDインジケーターがあります。

ロゴが入っている面には加工施されていてなんかいい感じになっています。

付属のUSB Type-CケーブルでMacBook Proを充電してみたところ18Wで充電できていたので、付属のUSB Type-CケーブルもしっかりとUSB PDに対応しているということですね。

PowerCore 10000 PD自身の充電もUSB PDでいけるので、10,000mAhを3.5時間でフル充電にできます。モバイルバッテリーへの充電が速い、これは正義です。

Novooのモバイルバッテリーと比較

以前から持っていたNovooのUSB PD対応モバイルバッテリーと大きさをひかくしてみます。こちらも容量は10,000mAh。

PowerCore 10000 PDのほうが横に長い感じです。

厚さは同じくらい。

PowerCore 10000 PDのほうが少し値段が高いですが、USB Type-Cのケーブルが付属することやちゃんとPSEマークがあること、Ankerブランドの安心感などを考えると、オススメするならPowerCore 10000 PDなのかなぁという感じがしますね。

Novooのモバイルバッテリーのレビューはこちら


PowerCore 10000 PDのレビューでした。USB PD対応で世界最小クラスと謳っているだけあってサイズもコンパクトですし、USB PDによる急速充電もできます。

10,000mAhくらいでオススメのモバイルバッテリーないですか?と言われたらとりあえずこれを推せば間違いないんじゃないでしょうか。

『モノ』カテゴリの人気記事