Anker PowerCore III Fusion 5000登場。人気の充電器兼モバイルバッテリーがUSB PDに対応

Anker PowerCore III Fusion 5000登場。人気の充電器兼モバイルバッテリーがUSB PDに対応

モバイルバッテリー

Ankerが、充電器が一体型になったモバイルバッテリー「PowerCore III Fusion 5000」を発売しました。

人気のモバイルバッテリーが18WのUSB PDに対応し、更に使い勝手が良くなっています。

通常価格3,590円のところ、初回3,000個は20%OFFの2,872円で購入可能です。

Anker PowerCore III Fusion 5000

Anker PowerCore III Fusion 5000はコンセントが一体型になった充電器としても使えるモバイルバッテリー。

容量は4,850mAhで18WのUSB PDに対応しています。USB Type-Cポートは出力専用で、本体を充電することはできません。

仕様は以下の通り

サイズ 約78×71.5×30mm
重量 約176g
入力 100 – 240V〜0.6A 50 – 60Hz
USB-A出力 5V=2.4A
USB-C出力 5V=3A, 9V=2A (出力専用)
合計最大出力 18W (USB-Cポート単体充電時)
15W (2ポート同時充電時)
容量 4,850mAh

コンセントに挿せば充電器としても使えるAnker PowerCore Fusionはかなり人気の製品ですが、ポートがUSB-AとmicroUSBのため最近では使い勝手がそこまでよくないなぁという感じでした。

ですが、Anker PowerCore III FusionはUSB-CとUSB-Aを1基ずつ搭載しているのでかない使い勝手が上がっていると思います。

PowerCoreファンの人は要チェックですね。まだ20%オフの価格で買えますよ。