よろしくね、Zマウント。

よろしくね、Zマウント。

2019/10/03
カメラ
先日「さよなら、Fマウント。」という記事を書いたとおり、長年連れ添ってきたFマウントとさよならしました。 新しく購入したカメラはNikon Z 7。なんだかんだでNikonに落ち着いたわけですし、D850からの移行としては妥当な選択だとは思いますが、それでも結構悩んだわけですよ。 というわけで、僕がたくさんの選択肢からZ 7を選んだ理由を書いていこうと思います。

最初はZ 7 / Z 6はちょっと…と思っていた

結局Z 7を買ってしまったわけですが、かなり紆余曲折ありました。なんなら発表~発売時点ではイマイチじゃない?とすら思ってましたからね。 発売後のレビューなどを見て分かったり、ファームウェアのアップデートによって改善された部分はありましたが、具体的には
  • XQDシングルスロット
  • キットレンズの微妙さ
という2点でかなりうーんってなってました。 シングルスロットなのは仕事で使うときのリスクです。データ飛んだら終わる。 キットレンズが微妙っていうのは、小三元(F4通しレンズ)の標準ズームの焦点距離が24-70mmだということです。他のメーカーは24-105mmなんですよね。 Fマウントの時にSIGMAの24-105mmを愛用していたし、Nikonも24-120mmを出してるので、なんでテレ端70mmまでしかないの…という気持ちでした。

それでもやっぱりZマウント(Z 7)を選んだわけ

フルサイズミラーレスのマウントはZ以外にE、RF、Lがありますし、最初はZマウントな~などと思ったいたくせになんでZにしたかを。 まず、手持ちのアクセサリーを流用できるという理由。Z 7はD850やD500とバッテリーが同じ(厳密には違うけど形が同じなので使える)ですし、アクセサリーシューも同じなのでクリップオンストロボも使い回せます。 カメラのバッテリーは純正派なので、新たに複数個買い直す必要がないのはかなりおトクです。純正バッテリーって結構高いですからね。ストロボも、ものによっては複数メーカーで使えたりするみたいですが、僕の持っているNissinのやつはメーカー指定なので、メーカーを変えると買い換える必要が出てきます。大きな買い物なので、周辺機器にかけるお金は少ないほうがお財布に優しいです。 次にEVF。ミラーレスカメラなのでファインダーは光学ファインダーではなく電子ビューファインダーを搭載しています。スペックシートからEVFの解像度はわかりますが、実際に覗いてみるとデカイから素直にキレイ、というわけではないんですよね。 ZのEVFはほんとにキレイです。一番自然、一番OVFに近い(EVFみを感じない)な、という感じ。解像度だけでいうとPanasonicのS1/S1Rの方が細かいですが、僕にはしっくりきませんでした。ソニーのEVFも個人的にはコントラストが高すぎるというか、そんな感じ(α7RⅣのは確認してないです)。 あとは結局フィーリングですね。ずっとNikonのカメラを使ってきたのもあると思いますが、一番しっくりきました。というか、αは露出補正にしか使えないダイヤルが嫌だとか、S1は流石にデカイし重いとか、EOSはそもそも電源ボタンの位置が気に食わないとか、そういう文句みたいなものが一番少ないカメラでした。こういう部分に関してはどれだけスペックが高かろうと譲れないというか、そういうもんだと思います。 最初に懸念していたシングルスロット問題と24-70mm問題はどうなの?ということにも触れておきます。 まずはシングルスロット問題。これはなんていうか諦めに近いです。一番しっくりくるカメラがシングルスロットだったというだけ(それだけで済ましていいのか?って気はしてる)。 あとは、XQDカードの物理的強さを信じるしかないですね…w 小三元の標準ズームレンズがイマイチ問題ですが、これは噂レベルですが、Zマウントのレンズロードマップに24-120mm F4があったので、それまでは24-70mm待ってやんよ!という気持ちになったからです。 4,575万画素のZ 7を選んだことで、Webで使うならだいたんなトリミングもできるだろう、という気持ちもありましたしね。 そうそう、去年Z 7ではなくZ 6を選ぶわ。って言ってたんですが、そのときはさよならFマウントする予定じゃなかったのでD850ありきで考えていたんです。1台にするなら高画素機のほうが便利なシーンが多いなって感じてZ 7にしました。 増税前だったということや、4万円のキャッシュバックキャンペーンもいい感じに背中を押してくれました。

ちょっぴりZ 7の作例

ちょっと前のしむさんぽがデビュー戦ではあったものの、ビールばっか撮っていたので先日東京、有楽町、新木場あたりで撮ってきた写真を貼っておきます。 全部撮って出し(水平出ししたのもあるかも)で長辺2,000pxにリサイズしていますが、最後にFlickrのリンクを貼っておくのでオリジナルサイズを見たい人はそこからどうぞ。
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0585-360×240.jpg]
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0684-360×240.jpg]
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0739-360×240.jpg]
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0800-360×240.jpg]
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0802-360×240.jpg]
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0824-360×240.jpg]
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0837-360×240.jpg]
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0861-360×240.jpg]
[exif img=https://decoy284.net/wp-content/uploads/2019/10/DSC_0919-360×240.jpg]
Nikon Z 7 test shot | Flickr
つらつらと書いてきましたが、Z 7にしてかなり満足しています。写りとかもそうなんですけど、圧倒的に軽くて小さいです(D850比)。 今までだったらカメラ持っていくか悩むな~みたいな絶妙な時でも気軽に持ち出せます。デジカメなんて撮れば撮るほど0円に収束していくので、この傾向は非常によいですね。 というわけでこれからよろしくね、Zマウント。