USB-C直挿しで持ち運びにも便利なSatechiのApple Watch充電ドックをレビュー

USB-C直挿しで持ち運びにも便利なSatechiのApple Watch充電ドックをレビュー

Satechiが発売している「USB-C Apple Watch 充電ドック」を購入したのでレビューします。

USB-C直挿しタイプでコンパクトなので持ち運びにも適していますし、なによりUSB充電器やモバイルバッテリーを使ってApple Watchを充電できるというのが素晴らしく便利な製品です。

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック

Satechi USB-C Apple Watch 充電ドックは、USB Type-Cポートに直接接続してApple Watchの充電ができる充電ドック。MFi認証も取得しているので安心して使うことができます。

本体。よく見るApple Watchを充電するやつにUSB Type-Cの端子が生えているみたいな感じです。可愛い。

厚さもあまりなく、カバンやポーチの隙間に忍ばせるのも容易ですね。

この通り、超コンパクトです。必要最低限のサイズというやつ。

USB-CさえあればApple Watchを充電できるという安心感

こんな感じでモバイルバッテリーのUSB Type-Cポートに直接ぶっ挿せば使えます。

小さいけどLEDインジケーターもついてますよ。

しっかりばっちりApple Watchが充電できます。まぁMFi認証もとってるしこの辺の心配はないですね。

AnkerのスリムなUSB充電器につけてみたらサイズ感がピッタリでした。可愛いですね。

USBポートが縦に並んでいるようなマルチポートの充電器とかであれば、他のポートに干渉せずに使うことができると思います。

USB-Cポートさえあればいいので、iPad ProやMacbookからもApple Watchを充電することができます。というかAndroidスマートフォンからでも充電できます。とりあえずUSB-Cがぶっ挿ささる場所さえあればいいということです。らくちんだし安心感がありますね。

ポートが横並びの場合は左右のポートを潰してしまいますが、そういうときは別売りのUSBケーブルを用意するといいでしょう。900円くらいで買えます。

こんな感じで延長できるので、ポートを犠牲にせずに使用することが可能です。

コンパクトで使い勝手のいいApple Watch充電ドック

Apple Watchはどうしても1日1回は充電しないと心もとないので、旅行に行く際などは充電器が必須。しかし純正はケーブルが長いし本当に取り回しがしんどいんですよね。

ですがこのUSB-C Apple Watch 充電ドックであれば、USB-CポートさえあればApple Watchができるんで、モバブにUSB充電器、iPad Pro、MacBook、Android端末などなどがApple Watchの充電器に早変わりというわけです。

これ、あったら絶対便利なのになんで今までなかったのって感じの製品じゃないですか?

今やだいたいのUSB充電器やモバイルバッテリーにUSB Type-Cポートがあるので、とりあえずこの充電ドックを持ってさえいれば、Apple Watchのバッテリー切れを心配する必要はなくなるわけです。

Apple Watchユーザーはとりあえず買っても後悔はしないかなって思います。