【レビュー】手のひらサイズで61W USB PDの対応のUSB Type-C充電器、かなりオススメ

RAVPowerのUSB Type-C充電器「RP-PC112」を購入したのでレビューします。

GaN採用で手のひらサイズのコンパクトさ、それでいて出力も最大61Wと申し分なし。そしてなによりも結構値段が安いという、現時点ではかなりオススメのUSB充電器です。

RAVPower RP-PC112 レビュー

RP-PC112は61WのUSB PDに対応したUSB Type-C充電器。GaN(窒化ガリウム)を使うことで小型化を実現しています。

充電器本体とユーザーマニュアル、Thank Youって書いたカードが同梱されています。

カラーはブラックとホワイトがありますが、僕はブラックをチョイスしました。

正方形で可愛い。

出力はUSB Type-Cポート1つだけです。コンセントに繋ぐと下のLEDインジケーターが点灯します。

PSEマークがついているので安心して使うことができますね。

仕様は以下の通り。

RP-PC112
入力 100-240V 50/60Hz 1.5A Max
出力 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 20.3V/3A
61W Max
サイズ 50×50×32.2mm
重量 105g

プラグは折りたたみ式です。持ち運びに便利!

可愛い…可愛くない??

まさに手のひらサイズ。超小さい。

最大61W出力でMacBook Proをフルスピードで充電可能

めちゃんこ小さい充電器ですが、出力は最大61W。つまり13インチのMacBook Proをフルスピードで充電することができます。

というわけで実際に充電してみます。

60Wで充電できているのが確認できます。

余談ですが、こういったUSB PD対応の充電器を使う場合、ケーブルもUSB PDに対応している必要がありますし、ケーブルによって対応する電力も異なるので、このRP-PC112の場合は最低でも60Wに対応しているケーブルを選ぶ必要があります。

僕が使ったのはNIMASOの100Wに対応したケーブルです。ちなみにこのケーブル、データ転送はUSB 2.0なのでそんなに速くないです。

今買うなら100W対応でデータ転送も速く、4K 60Hzで映像出力もできる以下のケーブルがオススメです。

その他のUSB Type-Cとサイズを比較

RP-PC112のサイズを、Apple純正の61W充電器、Innergie PowerGear 60Cと比較してみます。

Apple純正の充電器と比べるとだいたい半分くらいの大きさです。これで出力は同じですからね。すごいわ。

Innergie PowerGear 60Cと比較。こう見るとInnergie PowerGear 60Cがめっちゃ小さいのわかりますね…

まぁ日本のAmazonで買えないし、値段もだいぶ違うんですけど…

興味がある人は「Innergie PowerGear 60C」のレビューもどうぞ。

13インチMacBook ProユーザーにはオススメのUSB Type-C充電器

  • Apple純正充電器の半分のサイズ
  • 最大61Wで充電可能
  • 折りたたみ式プラグで持ち運びに最適

といった感じの充電器です。

出力が同じならサイズは絶対小さい方がいいに決まってますからね。かなりオススメです。Innergie PowerGear 60Cのように購入が難しいってこともありませんしw

現在発売記念価格の4,599円で販売中。クーポンコード「PC112PR08」の入力で20%オフになるようです。普通にめっちゃ安いと思います。

2019年8月3日現在、ブラックの在庫がなくなっているようです。おそらくホワイトもすぐなくなってしまいそうな気配がするので、気になるな~くらいなら買ってしまったほうがいいかも?

『充電器』カテゴリの人気記事