「Innergie 60C Pro」レビュー。Apple純正の半分サイズのUSB PD 60W充電器、すごい

「Innergie 60C Pro」レビュー。Apple純正の半分サイズのUSB PD 60W充電器、すごい

2019/05/06

60W出力が可能な世界最小クラスのUSB Type-C充電器「Innergie 60C Pro」を購入したのでレビューします。

Innergie 60C Pro

Innergie PowerGear 60C

Innergie 60C Proは、USB PD 60W出力が可能なUSB Type-C充電器。

製品仕様は以下の通り。

入力 110-240V AC / 1.6A 50-60Hz
USB PD出力 5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3A
サイズ 30.4×30.4×60.0mm
重量 85g
ポート USB Type-C×1
Innergie PowerGear 60C 同梱物

Innergie 60C Pro本体、1.5mのUSB Type-Cケーブル、ユーザーマニュアルが同梱されています。ケーブルはフェライトコア付き。

Innergie PowerGear 60C 本体

Innergieのロゴが入っています。

Innergie PowerGear 60C 裏面
Innergie PowerGear 60C プラグを折りたたんだところ
Innergie PowerGear 60C プラグを出したところ

プラグは折りたたみ式です。サイズの小さいUSB充電器だとプラグが出っ張ったままのやつもあるので、コレは嬉しいですね。

Innergie PowerGear 60C USB Type-Cポート

ポートはUSB Type-Cポート1つのみです。まぁ小さいので2ポートは厳しいでしょう。

世界最小クラスなのに60W出力が可能

Innergie PowerGear 60C のサイズ感

Innergie 60C Proの最大の特徴はそのサイズ。手に持ってみるとこんな感じでめっさ小さい。

Innergie PowerGear 60C と iPhoneの充電器を比較

iPhoneに付属する5Wの充電器と比べてもこの通り。プラグを考慮しないとちょうどiPhoneの充電器2つ分くらいです。

Innergie PowerGear 60C と iPhoneの充電器を比較

実際持ち運ぶときはプラグを折りたたむのでこんな感じ。これで60W出力できるのすごいな…

Innergie PowerGear 60C と Apple 61W充電器を比較

Appleの61W充電器との比較。出力は同等でサイズは半分以下です。すげえ。

Innergie PowerGear 60C で 13インチ MacBook Pro を充電する

13インチのMacBook Proを充電してみます。ケーブルはMacBook Proに付属のやつを使いました。

60Wで充電を確認

ちゃんと60Wで充電できていますね。

値段は安くないけど買う価値はあるかも

iPhoneの充電器2つ分のサイズ、85gという軽さなのに60W出力が可能なので、13インチのMacBook Proが普通に充電できてしまうという充電器です。すげえな。

MacBook Proに限らずそれなりに高電圧・高電流を必要とする機器に使えるので、かなり万能感あります。15インチのMacBook Proも、フルスピードではないにしろ充電できるんじゃないですかね。

また、旧型のノートPCに使われている角型・丸型への変換アダプタも用意されているので、そういったノートPCも充電できるようです。