Velbonの「V4 ユニット」を買ったらブツ撮り・俯瞰撮影が捗りまくった

Velbonの「V4 ユニット」を買ったらブツ撮り・俯瞰撮影が捗りまくった

2019/05/01
カメラ
僕は普段からブログ用にブツ撮りをすることが多いんですが、VelbonのV4ユニットという三脚アクセサリーを買ったら普段のブツ撮りが捗りまくって最高になりました。 というわけで、Velbon V4ユニットをレビューしますよ。

Velbon V4ユニット

箱です。 Velbon V4ユニット本体。 アップにするとこんな感じ。 付属品。 Velbon V4ユニットを三脚に取り付けました。 操作グリップを緩む方向(反時計回り)に回すと上下左右に動かすことができます。 伸びる部分(エレベーターというらしい)の裏にはギアがついています。 奥にちょこんと見えるエレベーターストッパーという部分を緩め、手前のクランクハンドルを回すことでエレベーターを伸ばしたり縮めたりすることが可能です。 一番縮めた状態。 マックスまで伸ばすとこんな感じになります。

V4ユニットにカメラを取り付ける

V4ユニットにカメラを取り付ける前に、まずは雲台を取り付けます(雲台は別売りですよ)。 別にどんな雲台でもいいですが、自由雲台のが良さげだと思います。 そしたらカメラをセット。 雲台、エレベーターを動かしてセッティングします こんな感じにセットすると俯瞰撮影がめちゃめちゃ捗る。 V4ユニットの耐荷重は3kgですが、水平に近づけば近づくほど負荷がかかって緩みやすくなるので注意が必要です。もちろん雲台の耐荷重も気にする必要があります。 水平にして俯瞰撮影するときはエレベーターをマックスまで伸ばすとヤバそうだし、できればセンターポールもあまり上げたくはない感じ。 こんな感じでキレイに俯瞰撮影ができます。便利!!! 普段はこんな感じにセットして使うことが多そう。 ちなみに、俯瞰撮影はしないわ~という人(主にマクロ撮影とかかな)は別売りの直角アダプターというやつを使うといい感じです。AmazonにはV4ユニットと直角アダプターのセットもありました。

ブツ撮りが捗りまくるのでかなりいい

この手の三脚アクセサリーはこのV4ユニット以外にもいろいろあります。 値段が手頃でよく見るのはSLIKのスライディングアームでしょうか。V4ユニットよりも2,000円くらい安いです。でも、個人的には2,000円足してでもV4ユニットのほうが良くね?と思います。 SLIKのスライディングアームのような製品は三脚取付部にあるノブで操作する必要がありますが、V4ユニットは操作グリップを緩める操作で方向を変えられるし、ギア式のエレベーターで微調整が超簡単ですからね。特に、右手で握っているグリップの操作だけで大体の位置を決められるのはかなりラクだなぁと思います。 ただ、スライドの可動域がスライディングアームは370mm、V4ユニットは205mmと結構差があるので、可動域が広いほうがいいという人にはSLIKのスライディングアームのほうがあってるでしょう。
Velbon V4ユニット、1年以上前からほしい物リストに入れてはいたんですが、なんか「別にいらんかなぁ…」と思って購入を先送りにしていました。 でも、買って実際に使ってみて「なんで早く買わなかったんだろう…」ってちょっと後悔しましたね。それくらい便利です、ヤバイ。 俯瞰撮影を含むブツ撮りをすることが多めなブロガーさんとかにはめっちゃオススメです、はい。