脱獄不要でTweetbot 4で3G/LTE環境でもストリーミングを有効にする方法

脱獄不要でTweetbot 4で3G/LTE環境でもストリーミングを有効にする方法

アプリ
Tweetbot 4 streaming on LTE 先日販売された「Tweetbot 4」は、Wi-Fi環境ならストリーミングが使えて便利ですが、どうせならLTE/3G環境でもストリーミングしたいですよね! Will feel Tipsにその方法が書いてあったので試してみました。結果、見事にストリーミング成功です。

使うもの

iBackupbotをダウンロードしましょう。 Download iPod software for Windows

3G/LTE環境でもストリーミングを有効にする手順

まず、iPhoneを探すをオフにします。 Tweetbot 4 streaming on LTE_8 続いて、iPhoneをPCに接続し、iTunesでバックアップを取ります。この時、バックアップの暗号化のチェックは外しておきます。 Tweetbot 4 streaming on LTE_1 iBackupbotを起動し、バックアップファイルのツリーをだどり、Tweetbot/LIbrary/Preferenceの「com.tapbots.Tweetbot4.plist」をダブルクリック。 Tweetbot 4 streaming on LTE_2 ダイヤログが出ますが、Cancelで。 Tweetbot 4 streaming on LTE_3 以下の、ストリミーングを有効にするキーを追加して、ファイルを閉じます。
streamingOverWWANEnabled2
Tweetbot 4 streaming on LTE_4 yesで変更を保存。 Tweetbot 4 streaming on LTE_5 Restoreをクリック。 Tweetbot 4 streaming on LTE_6 OKをクリックすると端末が再起動されます。これで作業は完了。 Tweetbot 4 streaming on LTE_7 LTEでもストリーミングできていますね! Tweetbot 4 streaming on LTE_9 これでいつでもTLをリアルタイムに見ることができます。少々面倒かもしれませんが、その手間をかけてもやる価値はあると思いますよ。
Tweetbot 4 for Twitter
制作: Tapbots
評価: 4 / 5段階中
価格: ¥600(2015.10.2 時点)