Xperia 1 II と Xperia 1 のスペックを比較してみた

2020/02/24
Xperia 1 II と Xperia 1 のスペックを比較してみた

ソニーがフラッグシップのXperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)を発表しました。

Xperia 1の後継機となる本機ですが、実際スペックがどう変わったのか比較してみます。

Xperia 1 II と Xperia 1 のスペック比較

Xperia 1 IIとXperia 1のスペックを比較してみました。

Xperia 1 II Xperia 1
OS Android 10 Android 9
(Android 10にアプデ済)
プロセッサ Snapdragon 865 5G Snapdragon 855
メモリ 8GB 6GB
ストレージ 128GB / 256GB 128GB
国内版:64GB
外部ストレージ microSDXC 最大1TB microSDXC 最大512GB
ディスプレイ 6.5インチ HDR 有機EL
4K 3,880×1644px
擬似90Hzリフレッシュレート
6.5インチ HDR 有機EL
4K 3,880×1644px
リアカメラ 1/1.7インチ 1,200万画素 24mm F1.7
1/3.4インチ 1,200万画素 70mm F2.4
1/2.55インチ 1,200万画素 16mm F2.2
TOFカメラ
1/2.6インチ 1,200万画素 26mm F1.6
1/3.4インチ 1,200万画素 52mm F2.4
1/3.4インチ 1,200万画素 16mm F2.4
フロントカメラ 1/4インチ 800万画素 F2 1/4インチ 800万画素 F2
指紋センサー ○(電源ボタンに内蔵)
バッテリー 4,000mAh 3,200mAh
ワイヤレス充電
防水防塵 IP65/68 IP65/68
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax IEEE802.11a/b/g/n/ac
USB USB Type-C (3.1) USB Type-C (3.1)
Bluetooth 5.1 5.0
イヤホンジャック
サイズ 166×72×7.9mm 167×72×8.2mm
重量 181g 178g
カラー パープル
ブラック
ホワイト
パープル
ブラック
ホワイト
グレー

箇条書きにすると

  • プロセッサの進化
  • 5G対応
  • RAMが6GB→8GBに増量
  • 内部・外部ストレージが倍増
  • カメラが進化
  • バッテリー容量増
  • Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応
  • ワイヤレス充電対応
  • イヤホンジャック搭載
  • ちょっと薄く、ちょっと重く

といった感じでしょうか。

基本性能アップ、使い勝手も向上

プロセッサやRAM・ROMなど基本性能のアップはもちろんですが、ワイヤレス充電やイヤホンジャックの復活、電源ボタン一体型の指紋センサーなど使い勝手に関する部分もしっかりと進化している印象です(復活は進化なのか)

3g重くなっていますが、厚さは少しダウンしています。ボディ形状も異なるので、持った感じがどうなるかが気になるところ。サイズ・重量は大きく変わっていないですが、バッテリー容量が増えているというのもグッド。

カメラの進化がすごい

カメラの進化は結構大きいですね。まず、撮影用のレンズの他に暗いシーンでも物体を立体的に検知する3D iTOFカメラというカメラが追加され、暗所でのオートフォーカスが高速かつ高精度になります。

画角でいうと、望遠レンズの焦点距離が52mmから70mmに大きく変わっているのが目立ちますが、広角も26mm→24mmとちょっぴり広くなっています。普段カメラ使うマン的には16mm / 24mm / 70mmってめっちゃいいと思う。

画素数は据え置き(1,200万画素)ですが、標準・超広角カメラのセンサーが大きくなり、高感度耐性が上がっています。

ZEISSレンズを採用して、写りがどこまで変わるかも気になるところですね。

さらに、Xperia 1では人物にしか対応していなかった瞳AFが動物にも対応しました。ペットを買っている人には嬉しいポイントかと思います。ソニーカメラの瞳AFはかなり優秀なので、Xperiaでも期待できるでしょう。

高速連写も気になりますね。αで培った技術により、60コマ/秒のAF/AE演算によって世界初のAF/AE追従最高20コマ/秒での連写が可能に。普通にすごい…

Photography Proという新アプリで、本格的な撮影をマニュアル操作で行えるようにもなるみたいです。Xperia 1にも搭載されているCinema Proのスチル版ですね。

新アプリ「Cinematograpy Pro」を搭載。

なお、Cinema ProはCinematography Proというアプリに進化します。

新たに2K 10bit HDRに対応した120コマ/秒のハイフレームレート撮影ができるようになり、従来の24コマ/秒、30コマ/秒に加えて、60コマ/秒、25コマ/秒の4K 10bit HDR撮影も可能になりました。動画撮影の幅が広がりますね。

また、水準器やタッチAF、ホワイトバランスのカスタム設定、適正露出を表示して設定できるメータードマニュアルなどの機能が追加されるので、撮影体験が向上しそうな予感。

さらに、ソニー独自開発の音源分離技術で風雑音のみを除去する「インテリジェントウィンドフィルター」を新搭載。低ノイズのクリアな録音もできます。

Xperia 1よりも高品質な動画が撮影できるって思えばOKでしょう。


かなりてんこ盛りな感じなので、価格も結構上がると予想されます。10万円後半くらい?安くて14万くらい?みたいな気がしています。高いけどZEISSだから安い!(?)

ソニー、Xperia 1 II発表。5G対応&ZEISSレンズ搭載でQiとイヤホンジャックが復活
ソニーモバイルが、フラッグシップの「Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー)」を発表しました。 5Gに対応し、カメラにはZEISSレンズを搭載、…
decoy284.net