エックスサーバーでサブディレクトリにWordPressをインストールする方法

エックスサーバー WordPress サブディレクトリ

レンタルサーバーのエックスサーバーで、複数サイトをひとつのドメインで管理する方法を解説します。

ひとつのドメインで複数サイトを運営するにはサブドメインとサブディレクトリの2つの方法がありますが、今回はサブディレクトリにWordPressをインストールしました。

サブドメインとサブディレクトリ

ルートドメインをexample.comとした場合、サブドメインとサブディレクトリでは以下のような違いがあります。

  • サブドメイン:https://hoge.example.com
  • サブディレクトリ:https://example.com/hoge

ルートドメインの前に任意の文字列が追加されたかたちがサブドメイン、ルートドメインのあとに/(スラッシュ)で区切られた任意の文字列が追加されたかたちがサブディレクトリです。

身近なサイトだと、楽天なんかはサブドメインを採用しています。

  • 楽天市場:https://www.rakuten.co.jp/
  • 楽天トラベル:https://travel.rakuten.co.jp/
  • 楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/

価格.comはサブディレクトリですね。

  • 価格.com:http://kakaku.com/
  • パソコン:http://kakaku.com/pc/
  • 家電:http://kakaku.com/kaden/
  • カメラ:http://kakaku.com/camera/

サブドメインとサブディレクトリのどっちを使うべきかを考えるとき、本サイトのテーマの中の1つのコンテンツとしてサイトを運営するのであればサブディレクトリ本サイトとはテーマが異なる場合はサブドメインというのが一般的なようです。

エックスサーバーでサブディレクトリにWordPressをインストールする方法

エックスサーバーのサーバーパネルにログインしたら、「WordPress簡単インストール」をクリック。

WordPressをインストールしたいドメインを選んで「選択する」をクリック。

必要な情報を入力します。キャッシュ自動削除はON、データベースは自動でデータベースを生成するでOKです。

入力したら「確認画面へ進む」をクリックします。

問題なければ「インストールする」をクリックします。

確認画面に表示されたMySQLの情報とかは忘れないようにこのページのスクショとかをとっておくといいかも。

あ、念のためサイトのバックアップはとっておきましょうね。

WordPressのインストールが完了しました。

表示されているURLに飛んで、IDとパスワードを入力すれば管理画面に入れます。

WordPressがちゃんとインストールされていることが確認できました。

5分もかからずサブディレクトリにWordPressをインストールできました。めっちゃ簡単ですね。


というわけでサブディレクトリでサブブログを開始しました。

写真をいっぱい並べるブログです。
でこいフォトギャラリー

エックスサーバー

『Blog』カテゴリの人気記事