IPX4の防水でアウトドアでも大活躍な軽量Bluetoothスピーカー「Omaker M4」レビュー

Omaker M4 bluetooth speaker

スマートフォンアクセサリーメーカーのOmakerさんから、Bluetooth対応の防水スピーカー「Omaker M4」をレビュー用に提供してもらったのでご紹介。

Omaker M4

Omaker M4 bluetooth speaker_03

本体とストラップ、充電用のmicro USBケーブル、オーディオ入力用ケーブル。それと取説が入ってます。

Omaker M4 bluetooth speaker_09

寸法は8.1 × 8.1 × 4.6cmで重量は231g。小さくて軽い。手に持つとこんくらい。

Omaker M4 bluetooth speaker_04

薄らとOmakerロゴが見えます。

Omaker M4 bluetooth speaker_05

裏面。NFC対応です。出力は3Wとまぁ必要十分という感じ。

Omaker M4 bluetooth speaker_12

NFCはラクでいいですよね。こんな感じに端末を置くだけでサクッとペアリングが完了します。Bluetoothなので当然無線でOKなんですが、ケーブルもあるのでBluetooth非対応の端末でも聴くことが可能です。

Omaker M4 bluetooth speaker_06

防水なので端子類があるところにはフタしてあります。防水規格はIPX4。「あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない」というくらいなので、水しぶきがかかったり多少雨に打たれても平気って感じです。

Omaker M4 bluetooth speaker_07

ぺろんとあけると端子類が露に。モバイルバッテリーでも充電可能なので、アウトドアでも安心です。

バッテリー容量は1,500mAhで連続再生時間は12時間(ボリューム80%時)とわりかし持つ感じ。こいつ自身への充電は3時間ほど。

Omaker M4 bluetooth speaker_08

ボタンは4つ。左から電源ボタン、受信/音楽の一時停止、曲送り/音量アップ、曲戻し/音量ダウン。

電源ボタンは長押しで電源オン/オフ。受信/音楽の一時停止は、着信があればそのままハンズフリーで電話ができて、長押しすると通話を拒否できます。電話がかかってきてない時は音楽の再生/一時停止ですね。

曲送り/音量アップと曲戻し/音量ダウンは、短押しだと曲の操作で長押しだとボリューム操作になります。

風呂の中で使うとしても、ある程度の操作が可能なので便利っすね。

Omaker M4 bluetooth speaker_10

スピーカーグリルの内部にLEDライトがあって、通常時は青点滅、充電中は赤点灯といった具合に状態を確認できます。

Omaker M4 bluetooth speaker_11

ストラップをつけるとこんな感じ。吊るしとけるので結構便利です。本体は1.5mの落下テストをクリアしているそうなので、安心感ありますね。

使ってみて

本体が小さく、思った以上に軽いのがいい感じです。これなら鞄に突っ込んでもあんまり気にならなそう。音も結構クリアだし、低音もわりとよく出てるなあという印象です。

何よりも、防水なのが安心感あってよいです。これからのシーズン、キャンプとか海とかに持っていくのが捗るんじゃないでしょうか。これが3,000円で買えるならコスパいいし、手頃な価格のポータブルスピーカーを探している人にはオススメです。

『モノ』カテゴリの人気記事