USB PD 45W出力でMacBook Proも充電可能なモバイルバッテリー「cheero Power Deluxe 20100mAh」

USB PD 45W出力でMacBook Proも充電可能なモバイルバッテリー

USB PD対応、最大出力45WでMacBook Proも充電可能なモバイルバッテリーcheero Power Deluxe 20100mAh」を提供いただいたので紹介します。

これでバッテリー残量を気にしちゃう問題をある程度解消することができますね。

副音声はこちら
USB PD 45W出力対応のモバイルバッテリーがいい感じですわ|でこい|note

USB PD 45W出力でMacBook Proが充電できるモバイルバッテリー

バッテリー本体とUSB Type-Cケーブル、取説が付属します。

USB Type-CケーブルはUSB Power Deliveryやデータ転送にも対応している45cmのもの。長すぎないので普通に便利そう。

仕様は以下の通り

サイズ 約 162 × 79 × 23 mm
重量 約 368 g
電池容量 20100mAh / 3.63V (72.96Wh)
入力 USB Type-C : DC 5V-20V / 45W max.
Micro USB : 5V / 2.1A
出力 USB Type-C: DC 5-20V / 45W max
USB A :DC 5V / 3A, 9V / 2A
本体充電時間 約3時間(PD30W対応ACアダプタ使用の場合)
充電サイクル 500サイクルまで
機能 AUTO-IC機能
自動停止機能
デバイス充電完了時自動停止機能

本体容量や出力がいい感じなのはもちろん、USB PD 30W出力の充電器を使うことで3時間でバッテリー自身をフル充電できるのが素晴らしいです。

ちなみにぼくはAnker PowerPort+ 5 USB-Cを使っています。

正面からみたところ。cheeroロゴがあるだけです。

反対側はロゴなどがなくスッキリしています。

ポートやインジケーターランプがあります。

ポートは左からUSB Type-C入出力ポート、USB-A出力ポート、microUSB入力ポートです。一番左にあるインジケータはUSB Power Delivery確認用インジケーターで、USB PD機能が作動しているときに点灯します。

側面には仕様が記載されています。

反対側には残容量インジケーターがあります。残量0%~100%まで、6段階で知らせてくれます。

容量20,100mAhということで本体サイズは大きいです。重量も368gなので結構ずっしりきます。

MacBook Proを充電してみました。USB PD確認用のインジケーターもちゃんと点灯していました。

確認すると、仕様どおり45Wで充電できています。MacBook Proに付属するACアダプタは出力60Wなので少し出力は弱めですが、問題なく充電できることを確認しました。

まぁ、電源がなくモバイルバッテリーを必要とするときはそんなに重い作業をするとは考えづらいので、容量、出力は十分かなと思います。

それに、無印のMacBookなら付属のACアダプタよりも高出力(付属の充電器は30W出力)なので、充電性能には期待ができますね。


USB PD対応で45W出力の、MacBook Proが充電できるモバイルバッテリーです。

USB PDを使えば、20,100mAhある本体も3時間で充電できるというのはありがたいですね。このくらいの容量になってくるとバッテリー本体の充電に時間がかかりすぎて、うっかり充電を忘れると詰みます。

同様のUSB PD対応モバイルバッテリーとしてAnkerの「Anker PowerCore+ 26800 PD」が挙げられますが、こちらは出力が27Wとなっていて、MacBook Proを充電するには心もとない感じがします。容量はこっちのほうが多いのにもったいない。

大容量だけではなく高出力が求められるUSB PD対応モバイルバッテリーですが、こいつはかなり条件を満たしているので、購入の価値はあると思いますよ。

『モバイルバッテリー』カテゴリの人気記事