第3世代Ryzen(Zen 2)で自作PCを組む計画

第3世代 Ryzen 7 3700X

現在メインPCとして使っている自作機のCPUは第1世代Ryzen 7 1700。

ちょこちょこパーツを足してスペックを上げていますが、話題の第3世代Ryzen(Zen2)も発売されたし、パーツを組み替えてさらにグレードアップしたいなと思っています。

パーツ全部変えなくてもスペックを上げられるのが自作PCのいいところですね。

CPUはRyzen 7 3700X

PCの頭脳となるCPU。

ざっくりと新しいRyzenシリーズのスペックを比較してみましょう。

コア / スレッド ベース / ブースト
クロック
トータル
キャッシュ
TDP 価格(税別)
Ryzen 9 3900X 12 / 24 3.8 / 4.6 GHz 70MB 105W 59,800円
Ryzen 7 3800X 8 / 16 3.9 / 4.5 GHz 36MB 105W 46,980円
Ryzen 7 3700X 8 / 16 3.6 / 4.4 GHz 36MB 65W 39,800円
Ryzen 5 3600X 6 / 12 3.8 / 4.4 GHz 35MB 95W 29,800円
Ryzen 5 3600 6 / 12 3.6 / 4.3 GHz 35MB 65W 23,980円

ベンチマーク的には、Ryzen 5 3600がRyzen 7 1700と同等、Ryzen 7 3700XがCore i9 9900Kと同等とのこと。すごいな。

Ryzen 9 3900Xに関しては12コア/24スレッド。Ryzen Threadripper 2920Xと同じコア/スレッド数です。それが同じマザボに載るのか…

この中で何を選ぶかという話ですが、安くてそれなりの性能をとか、ワットパフォーマンスとかを考えて僕はRyzen 7 3700Xをチョイスしました。

8コア/16スレッドでCore i9 9900K同等の性能、値段は1.5万円ほど安いです。TDPも65Wと結構低め(というかRyzen 5 3600Xより低いの?)。すごくよさそう!

X570マザーボード高い問題

X570マザーボード、値段高くないですか?

廉価グレードのASRock X570 Phantom Gaming 4でも約2万円、最初に欲しいな~と思っていたASRock X570Taichiは約4.4万円です。ひえぇ。

X570マザーボードの特徴として

  • PCIe Gen4に対応
  • PCIeレーン数が16
  • メモリ最大128GB

などが挙げられます。もちろん他にもいろいろありますよ。

で、僕の使い方を考えたときに、別にX570じゃなくてもよいのでは?となりました。

PCIe Gen4のSSDを搭載するわけでもないし、そんなにたくさんのデバイスを接続するわけでもない、メモリも64GBで十分(X570じゃなくても128GB認識するらしいし)。

実際X470とかB450でもRyzen 3700X動くらしいので、とりあえずコスパ重視でB450 Steel Legendあたりにしようかなという感じに落ち着きました。価格も約1.3万円と非常にお買い得です。

浮いたお金でストレージを増やしたい

今のストレージはM.2 SSD 512GB+SSD 1TB。まだ全然足りてますが、ストレージに余裕があって困ることはないですからね。

2TBくらいのSSDを足そうかなぁと考えております。マザボをB450 Steel Legendにすることで浮いたお金をそのまま使えそう。

欲を言えばメモリを2666MHzから3200MHzのにしたいけど、まぁそれは追々でいいかな~と。

あとはCPUが届くのを待つのみ

大体の構成は決まって、CPUもポチったんですが、タイミングを逃したせいで手元に届くまでもう少し時間がかかりそうです…w

CPUが届かなければ何もできないので、それまではいろんなレビュー記事とかレビュー動画をみて、ワクワクしておくことにします。

『モノ』カテゴリの人気記事