【レビュー】USB PD対応でコンセントでも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower RP-PB122」

【レビュー】USB PD対応でコンセントでも充電できるモバイルバッテリー「RAVPower RP-PB122」

2019/07/12
モバイルバッテリー
RAVPowerのUSB PD対応でACプラグを搭載した2in1のモバイルバッテリー「RP-PB122」を提供いただいたので紹介します。 旅行に持っていく荷物を最小限に減らしたいときなんかはいいかもしれませんね。

RAVPower RP-PB122

同梱品は本体とmicroUSBケーブル、ポーチ。 USB Type-Cだったらとても嬉しかったです。 製品仕様は以下の通り。
サイズ約77.5×77.5×32mm
重量約210g
バッテリー容量5000mAh / 18.5Wh
出力ポートUSB A × 1, USB C × 1
入力ポートUSB C × 1 , AC入力
AC入力100 – 240V , 50 / 60Hz , 0.5A
USB C入力最大 5V / 2A
USB C出力PD3.0, 5V⎓3A, 9V⎓2A,12V⎓1.5A, 18W (最大)
USB A出力QC3.0, 5V⎓3A, 9V⎓2A,12V⎓1.5A, 18W (最大)
本体カラーはホワイトのみです。 MacBookの充電器みたいに光沢のある感じの質感。ブラックあればなぁと思いましたが、この質感だとかなり指紋が目立つことになるので、まぁホワイトだけでもいいかもしれません。
USBポートはUSB Type-CとUSB-Aの2ポート。 USB Type-Cは最大18WのUSB PDで、USB-Aの方はQuickCharge 3.0に対応。
LEDインジケーターと電源ボタンがあります。 電源ボタンを押すと、LEDインジケータでバッテリー残量を示してくれます。25%刻みですね。
もちろんPSEマークは印字されていますよ。
なんかかわいい。
ACプラグがあるので、コンセントに挿して充電することができます。ナイス!
USB PDは最大18Wなので、スマホとかタブレットに最適です。12インチのMacBookであればなんとか充電できるのかな?

旧製品と比較してみる

一緒に旧製品の「RP-PB125」も頂いたので比較します。
サイズ感はだいたい同じ。
ポートは「RP-PB122」がUSB Type-CとUSB-A、「RP-PB125」がUSB-A×2です。 仕様の比較は以下。
RP-PB122RP-PB125
サイズ約77.5×77.5×32mm約81×75×27mm
重量約210g約195g
バッテリー容量5000mAh / 18.5Wh6700mAh / 24.12Wh
出力ポートUSB A × 1, USB C × 1USB A × 2
入力ポートUSB C × 1 , AC入力USB Micro B × 1 , AC入力
AC入力100 – 240V , 50 / 60Hz , 0.5A100 – 240V , 50 / 60Hz , 0.5A
USB C入力最大 5V / 2A
Micro USB入力最大 5V / 2A
USB C出力PD3.0,
5V⎓3A,
9V⎓2A,12V⎓1.5A,
18W (最大)
USB A出力QC3.0,
5V⎓3A,
9V⎓2A,
12V⎓1.5A,
18W (最大)
最大 5V / 2.4A
容量をとるか、USB Type-Cポートをとるかって感じですかね。僕はUSB Type-Cポート大好きなので、「RP-PB122」がいいかな。

普段遣いから旅行まで、万能に使えそうなモバイルバッテリー

容量5,000mAhということで、iPhone XSであれば1回ちょっとフル充電ができます。 まぁ、ACプラグ内蔵型の良さは。容量ではなくわざわざ充電器とモバイルバッテリーを両方持ち歩かなくていいというところにあると思うので、コンセントがあるところに行く想定であればこんなもんでいいですよね。 一日中電源のあるところに行かない感じであれば、10,000mAhとかもっと容量のでかいモバブにすればいいだけですし。 USB PDに対応したことで30分でiPhone XSを50%充電できるようになりました。ちょっとした休憩時にしっかり充電できるパワーがあるのは嬉しいと思います。 普段の荷物をなるべく減らしたい人、2in1的な商品に目がない人にはオススメです。 このたび PB125が15%オフになるクーポンをいただきました。7月14日まで有効です。 クーポンコード:「PB125P12」  PB122が5%オフになるクーポンもいただきました~ クーポンコード:「PB122P12」