Anker PowerCore Magnetic 5000 レビュー。MagSafe対応は便利だけど小容量・低出力が少し残念

Anker PowerCore Magnetic 5000 レビュー。MagSafe対応は便利だけど小容量・低出力が少し残念

モバイルバッテリー

MagSafe対応でiPhone 12シリーズにくっつくモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」を購入して使ってみたのでレビューします。

iPhone 12シリーズやMagSafe対応ケースを使っていれば磁力でくっつくのでラクに充電できて便利なんですが、容量が少なくiPhone 12 miniくらいしかフル充電できないのと、有線の場合でも出力があまり大きくないという残念なポイントもあるかなって感じです。

created by Rinker
Anker
¥3,990
(2021/05/16 20:28:35時点 Amazon調べ-詳細)

Anker PowerCore Magnetic 5000

こちらがAnker PowerCore Magnetic 5000。本体は黒で、サラサラとしたさわり心地です。

付属品はAnker PowerCore Magnetic 5000本体とUSB-C to Cケーブル、と取説。

シンプル。

マグネット側。MagSafeみたいな感じの模様が入ってます。

左から、ワイヤレス充電状態を示すLED、バッテリー残量のインジケーター、USB-Cポート、ワイヤレス充電のための電源ボタン。

Anker PowerCore Magnetic 5000の仕様は以下の通りです。

サイズ 約 93×63×16 mm
重量 約 133 g
USB-C入力 5V=2.2A (最大11W)
USB-C出力 5V=2A (最大10W)
ワイヤレス出力 5W
容量 5,000mAh

ワイヤレス出力は5W。…え、5Wしかないの?

手に持ったときのサイズ感。ちっさいです。

iPhone 12 miniにくっつけて充電してみる

Anker PowerCore Magnetic 5000をiPhone 12 miniにくっつけてみました。iPhone12 miniにめっちゃジャストサイズ。素晴らしいサイズ感っすねぇ~。

磁力は結構強くて、Anker PowerCore Magnetic 5000の方を掴んで持ち上げてもiPhone 12 miniが落ちる気配はないです。iPhone 12 Pro Maxとかだとどうかは分かりません。

バッテリー残量1%の状態から、フル充電したAnker PowerCore Magnetic 5000でiPhone 12 miniを充電してみたところ、50%まで約70分、75%まで約110分で充電できました。んー、やはり5W充電なので遅いですね。

ちなみに容量5,000mAhだとフル充電できるのはiPhone 12 miniのみ。iPhone 12だと95%までで、12 Pro、12 Pro Maxだともっと少ないです。

有線接続でも10W出力で急速充電非対応

Anker PowerCore Magnetic 5000、ケーブルいらずでスッキリ充電できるのはまぁ便利だとは思いますが、いかんせん出力が5Wなので緊急時にパッと充電するのには向いていません。

そういうときは有線で充電すれば速いと思いきや、有線接続の際の出力も10Wしかないんです。今どきのモバイルバッテリーってだいたい急速充電対応でiPhoneをフルスピードで充電できるため、それと比較するとなんとも微妙な出力ですよね…

ワイヤレスだとケーブルいらないけど充電に時間がかかる、有線にしてもそんなに充電速度は速くないという感じで結局普通のモバイルバッテリー使うんじゃないかなぁという不安が生まれてしまいました。


充電に時間がかかるデメリットよりもワイヤレスで充電できるメリットの方がでかいと感じるのであれば便利なモバイルバッテリーだと思います。

created by Rinker
Anker
¥3,990
(2021/05/16 20:28:35時点 Amazon調べ-詳細)