Nikon D500用にAPS-Cレンズが欲しい

現在D850とD500というフルサイズ+APS-Cの2台体制で、レンズはSIGMA 24-105mm F4とNikon AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8Dの2本です。

実際特に困ることはないんですが、SIGMAのレンズをメンテに出したいけどそうなるとレンズは60mmマクロ1本になって、これはちょっと大変だよねぇということでレンズ必要だなって。

で、普段は家でD500使って物撮りをしているので、APS-C用のレンズがいいんじゃないかなぁということになったわけです。

というわけで、現在D500用として気になっているレンズをまとめてみました。

候補のレンズたち

24-105mm F4の代わりということもあって、標準ズームで明るさそれなりのAPS-C用レンズをいろいろ検索して、候補に上がったのが以下

  • Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED
  • Nikon AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
  • SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM
  • SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

Nikon AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED

35mm換算で25.5-82mm相当の画角で、F2.8通しのAPS-C用大三元レンズともいえる1本。

評判はいいけども、APS-C用としてはちょっと重いし、2004年発売とかなり古いレンズです。その割に新品だと15万くらいとかなりお高め。中古なら5万弱くらい。

Nikon AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

35mm換算24-120mm相当のレンズ。DXレンズとしては初のナノクリスタールコートやフッ素コートを施しているレンズです。

D500のレンズキットに同梱されているレンズでもありますね。

価格は新品10万円ほど。中古だと6~7万くらいが相場のようです。

SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

35mm換算25.5-75mmでF2.8通しのレンズ。

オールマイティに使えますし、何よりも新品で約3万円という価格が魅力的なレンズ。

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

35mm換算25.5-105mm相当のレンズ。

先述のレンズとの最大の違いがマクロ撮影ができるところ。最短撮影距離22cm、最大倍率1:2.8とかなり寄れます。

D850+SIGMA 24-105mm F4の感じをD500で再現するならもっとも近いのがこのレンズって感じですね。

新品価格は4万円弱です。

4本のレンズを比較

上記4本のレンズをざっくりと比較してみました。あんまり気にせず、価格とかを。

焦点距離(35mm換算) 新品価格 中古相場 発売日
Nikon 17-55mm f/2.8 25.5-82mm 13.2万円 4-5万円 2004年6月
Nikon 16-80mm f/2.8-4 24-120mm 9.5万円 6-7万円 2015年7月
SIGMA 17-50mm F2.8 25.5-75mm 3.1万円 2万円 2010年6月
SIGMA 17-70mm F2.8-4 25.5-105mm 3.5万円 2-2.5万円 2013年3月

SIGMAのレンズ安いなぁ…

SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMが有力

あれこれ考えた結果、結局SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMがいいんじゃね?という感じです。

あくまでもサブ機のレンズなので安く収まるのは素晴らしいことですし、ゆーてもSIGMAのレンズなんで写りもよさげ、そして寄れるのでブツ撮りでも使いやすそうというのが理由ですね。

F値が2.8~4と可変で、テレ端では明るさが少しなくなりますが、いつものブツ撮りならF8~で撮るのでそんなに問題ないし、F4通しと思って使ってもいいんじゃね?みたいな気持ちもありますw

望遠側にズームすると周辺部の画質が低下する、17mmでタル型の歪曲が強めということですが、まぁ大丈夫じゃね?という気持ち。

マップカメラで中古見てたら良品で2万ちょいなのであとはいつ買おうかな~みたいな状態です。

『カメラ』カテゴリの人気記事