Apple、新型MacBook Airを発表。Retinaディスプレイに第8世代Core i5を搭載

Appleが新型MacBook Airを発表!

フルモデルチェンジしたNew Macbook Airの特徴や機能、スペックをまとめました

Macbook Air、ついにRetinaディスプレイに

非Retinaと揶揄されてきたMacBook Airですが、2018年モデルは待望のRetinaディスプレイを搭載。

本体サイズは小さくなっていますが、ベゼルが細くなったことでディスプレイは0.3インチアップの13.3インチに

Touch BarなしでTouch ID搭載

一度使うと離れられないTouch IDを搭載。しかも、評判の悪いTouch Barはありません。

T2チップも搭載。

第3世代バタフライキーボード、Torcetouch対応トラックパッド

キーボードは第3世代のバタフライキーボードを採用。

20%大型化したForce Touch対応のトラックパッドを搭載しています。Macbookのトラックパッドはまじでフィーリングがよくていいですよね。

Thunderbolt 3ポート×2を搭載

Thunderbolt 3対応のUSB-Cポートを2口搭載。

Thunderbolt 3対応なのでeGPUや5Kディスプレイが使えます。家では重めの作業をする、という使い方も可能。

CPUは第8世代のcore i5、メモリは最大16GB

CPUは第8世代の1.6GHz デュアルコアIntel Core i5。動作クロック的にYシリーズですね。

流石にMacBook Proの用にUシリーズではないですが、そこは差別化という感じでしょう。

メモリは最大16GBまで選択可能。

重量は約1.25kg。今までのMacBook Airよりも100gほど軽くなっています。

新型MacBook Airのスペック、価格

新型MacBook Airのスペックを旧型のMacBook Airと比較してみました。

MacBook Air 旧型 新型
CPU 第5世代 Intel Core i5
または
Core i7
第5世代 Intel Core i5
メモリ 8GB 8GB/16GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB 128GB/256GB/512GB/1.5TB
グラフィック Intel HD Graphics 6000 Intel UHD Graphics 617
ディスプレイ 13.3インチ
1,440×900px
13.3インチ
2,560×1,600px
Touch ID
トラックパッド Multi-Touchトラックパッド 感圧タッチトラックパッド
インターフェイス Thunderbolt 2×1
SDXCカードスロット
3.5mmヘッドフォンジャック
Thunderbolt 3×2
3.5mmヘッドフォンジャック

新型MacBook Airの価格は、8GBメモリ、128GB SSDの一番安いモデルが税別134,800円。

すべての価格は以下の通り(税別)

8GB RAM 16GB RAM
128GB 134,800円 156,800円
256GB 156,800円 178,800円
512GB 178,800円 200,800円
1.5TB 266,800円 188,800円

発売日は11月7日

本日より予約可能で、発売日は11月7日です。

いい感じに12インチMacBookとMacBook Proの中間を狙ってきたようなMacBook Air。

個人的にはThunderbolt 3ポート×2とTouch ID対応がアツいと思いますよ!

ゴリゴリ作業するなら流石にMacBook Proじゃないと厳しいと思いますが、ブラウジングがメインで簡単な写真のレタッチぐらいだったらMacBook Airでも問題なさそうですね。

MacBook Air – Apple(日本)

同日発表されたMac mini、iPad Pro(第3世代)についてはこちらの記事を

『Mac』カテゴリの人気記事