ASUS ROG Strix Arion レビュー!1GB/s超の高速データ転送が可能な外付けM.2 SSDケース

ASUS ROG Strix Arion レビュー!1GB/s超の高速データ転送が可能な外付けM.2 SSDケース

ASUSの外付けM.2 SSDケース「ROG Strix Arion」を購入したのでレビューします。

10Gbpsの高速データ転送が可能で見た目もカッコいいSSDケース、かなりいい感じです。

ROG Strix Arionのスペック・外観

ASUS ROG Strix Arionの化粧箱

最初にROG Strix Arionの仕様を。

インターフェイス USB 3.2 Gen2 Type-C
サイズ 124.57 x 47.76 x 10.85 mm
質量 98g
対応OS Windows 10
Windows 10 64-bit
Windows 8.1
Windows 8
Mac OS X 10.6以上
iOS13以上
速度 10Gbps(1.25GB/s)
対応SSD PCIe (NVMe) M.2 SSD
サイズ 2280/2260/2242/2230
最大2TB
使用可能温度 0 ℃~70 ℃

ASUS ROG Strix Arionの同梱物

ROG Strix Arion本体、USB-C to Cケーブル、USB-C to Aケーブル、バンパー、Rフック(カラビナ的なやつ)、ピンが同梱されています。

ASUS ROG Strix Arion 本体

こちらがROG Strix Arion。本体はアルミ合金製で放熱性が高められています。

ASUS ROG Strix Arion 本体

裏側も良さげです。

ASUS ROG Strix Arion 本体

単純な四角い形ではなく、ゲーミングデバイスみがあってROGだなという印象。かっこいい。

ASUS ROG Strix Arion のUSB Type-Cポート

下部にUSB Type-Cポートがあります。その横には取り付け時に裏ブタを外すときにピンを挿す穴が空いています。

ASUS ROG Strix Arionのサイズ感

サイズ感はこんな感じ。手のひらサイズで非常にコンパクトで、重量も100g以下なのでなかなか軽量です。

バンパーとカラビナを装着してみる

ASUS ROG Strix Arionにバンパーを装着

付属のバンパーを装着。ちょっぴりキツめでした。

ASUS ROG Strix Arionのバンパー

横にはREPUBLIC OF GAMERSの文字。

ASUS ROG Strix ArionのRフック

カラビナ的なやつも着けてみます。

ASUS ROG Strix ArionのRフック

こんな感じで開きます。

ASUS ROG Strix ArionにRフックを装着

バックパックとかにぶら下げることができますが、SSDって外にブラブラさせない気がしますw

M.2 SSDを取り付ける

ASUS ROG Strix ArionとM.2 SSD

実際にM.2 SSDを取り付けてみます。サイズは2280 / 2260 / 2242 / 2230が取付可能。

また、NVMe接続のみ対応でSATA接続のものは非対応なので注意が必要です。

Crucial P1シリーズM.2 SSD

今回はCrucial SSD M.2 1000GB P1シリーズをチョイスしました。

ピンで裏ブタを外す

下部の穴にピンを挿し込みます。

裏ブタが浮き上がる

裏ブタが浮き上がるので取るだけです。

ASUS ROG Strix Arionの内部

開きました。裏ブタ側にはサーマルパッドがはられています。

ASUS ROG Strix ArionのSSD取付部

固定用のネジを外してM.2 SSDを取り付けます。

付属のピンでSSD固定ネジを外せる

このネジを外すのにもピンが使えます。

あとはSSDを取り付けてネジを締め、裏ブタを閉めればOK。

PCに接続して転送速度を計測

USB Type-C側にはROGロゴ

付属のケーブルで接続します。USB Type-C側にもROGロゴが配置されていてカッコいい。

ASUS ROG Strix ArionはAura Syncで光る

接続するとROGロゴと上部の透明パーツが光ります。カッコいい!!!

ASUS ROG Strix ArionはAura Syncで光る

ちなみにAura機能に対応しているのでAura Syncで光り方をコントロールできます。

CrystalDiskMarkで速度を計測。リード/ライトともに950MB/s出ました。1.25GB/s(10Gbps)よりちょっと遅いですが、SATAの速度より速いので十分でしょう。

軽量コンパクト、高速データ転送で使いやすいSSDケース

ASUS ROG Strix Arion レビュー

ROG Strix Arionは10Gbpsの高速データ転送が可能というのが最大の魅力ですね。また、取り付けるSSDも自分で選べるのでかなり自由度が高いなと思います。

Samsungとかのめちゃめちゃ高速なSSDを選んじゃうとケース側の速度ボトルネックになっちゃうので、そこだけ注意が必要です。

中華メーカーとかでもっと安いのもありますが、安心感とか見た目とか、総合力で考えるとROG Strix Arionがよいかなって感じです。