ASUS ROG Strix XG17AHPEレビュー。17.3インチIPSパネルで240Hzの最強ポータブルゲーミングモニター

ASUS ROG Strix XG17AHPEレビュー。17.3インチIPSパネルで240Hzの最強ポータブルゲーミングモニター

2020/08/16
PC周辺機器

ASUSのポータブルゲーミングモニター「ASUS ROG Strix XG17AHPE」をメーカーからお借りしてしばらく使ってみたのでレビューします。

17.3インチフルHDのIPSパネル、リフレッシュレートは最大240Hz、そして7,800mAhのバッテリーを内蔵した非常に強いポータブルゲーミングモニターです。

ASUS ROG Strix XG17AHPEの外観

こちらがASUS ROG Strix XG17AHPE本体です。画面サイズは17.3インチと結構大きめ。パネルは非光沢タイプなので映り込みは気になりません。

画面下部のグレーの部分はスピーカーになっています。

背面のROGロゴは電源を入れると光ります。光らなければゲーミングじゃないという人もご安心ください。

中央にはスタンドつけるための1/4ネジの穴が空いているので、カメラ用の三脚とかを使うこともできます。

ボタン、ポート類は左側にあります。

ボタンは一番上が電源ボタン(OSD操作では戻る)と3つのOSDメニュー操作ボタンがあります。

ポートはMicro HDMI2.0、ビデオ入力用Type-C(給電・充電に対応)、給電専用USB Type-C、イヤホンジャック。

ビデオ入力ようのUSB Type-Cポートは、DisplayPort Alterrnative Modeに対応したデバイスと接続すればUSBケーブル1本で映像出力と電源供給が可能です。ケーブル1本で使えるのは便利っすね。

出力が足りない場合でも、7,800mAhのバッテリーを内蔵しているので240Hz動作時で3.5時間使用可能です。

iPadのSmart Coverみたいなカバーが付属します。

スタンドとして利用する場合、角度は2段階調整のみです。

ASUS ROG Strix XG17AHPEの仕様

ASUS ROG Strix XG17AHPEの仕様は以下の通り

ディスプレイ パネルサイズ: 17.3型ワイド
広色域対応:100% sRGB
バックライト/パネル種類 : WLED/ IPS
最大解像度:1,920×1,080ドット
最大輝度:300 cd/㎡
表面仕様:ノングレア
コントラスト比:1000:1
応答速度:3ms(グレー→グレー)
最大表示色:約1677万色
フリッカーフリー技術搭載
リフレッシュレート(最大) : 240Hz
オーディオ ステレオスピーカー(1W+1W)
入力端子 USB Type-C
Micro HDMI2.0
消費電力 10W以下
バッテリー 7,800mAh
サイズ  幅399mm×奥行き10mm×高さ250mm
質量 約1.06kg
付属品 ACアダプター
USB Type-C→USB Type-A変換アダプタ
DisplayPort over USB-Cケーブル (USB-C to USB-C)
Micro HDMI to HDMI cable
保証書
キャリブレーションレポート
スマートケース

設定項目

4つのボタンのいずれかのボタンを押すとメニューが表示され、様々な設定ができます。

ゲーム設定。

応答速度を調整するオーバードライブ機能(OD)は0~6で設定可能。

可変リフレッシュレート同期機能「AMD FreeSync」

Game Plusでは画面内にクロスヘアやタイマーFPSカウンターなどを表示させることができます。

GameVisualはいわゆる画質モード的なやつで、ゲームジャンルごとやシーンモードや映画モード、sRGB互換のモード、そしてユーザー設定を適用できるユーザーモードが用意されています。

シャドウブーストは黒の強弱を調整して暗い部分の視認性を高める機能です。

画像設定では明るさやコントラスト、鮮明度、輪郭調整機能(VividPixel)、ブルーライト低減機能を設定可能。

色設定ではカラー・ガンマ・彩度を調整できます。

自動回転のオンオフ設定。

入力選択設定。挿すケーブルによって判別してくれるので使うことは少ないかと思いますが。

設定を呼び出すショートカットなどを登録することもできます。

システム設定では言語やボリュームなどを設定できます。

IPSパネルで240Hz対応の最強ポータブルゲーミングモニターだが高い

実際にASUS ROG Strix XG17AHPEを2週間ほど使用した所感です。

まず、ポータブルモニターながら17.3インチと比較的大きいサイズなので、ゲームするときにメインモニタの前に配置して使うみたいな使い方ではかなりいい感じでした。ゲームするなら13インチや15インチだとちょっと小さいかなって思うので。

IPSパネルなので発色や視野角も優れており、非光沢なのも素晴らしいですね。

今回は自宅でしかしようしなかったので恩恵はありませんでしたが、7,800mAhの大容量バッテリーを搭載しているのもいいですね。ノートPCから電源供給できない場合でも安心です。(まぁ別途ACアダプタ等で充電すればいいだけですが)

240Hzという高リフレッシュレートは一度使うと60Hzには戻れないなって感じます。返却してから60Hzでゲームするようになりましたが、144Hz以上のモニターが欲しくてたまりません。

基本的に素晴らしいところしかないんですが、最大の欠点は価格ですね。記事執筆時点で67,430円(Amazon)とかなりお高くなっています。もちろん価格にあった性能だとは思いますが、高い…

ただ、ポータブルで240Hzはこのモニターしかないので、刺さる人には刺さるというか、買えば間違いなく満足する製品だとも思います。