Android 6.0以降のAndroid端末でSDカードを内部ストレージとして使用する方法

android 6.0 sdカード 内部ストレージ

Android 6.0以降のAndroid端末でSDカードを内部ストレージとして使用することができたのでメモ。

国内のAndroid端末はAndroid 6.0以降でもSDカードを内部ストレージとして使えない

Android 6.0以降では、SDカードのストレージを内部ストレージとして利用できる機能があります。

が、国内のAndroid端末ではその機能が使えない場合があります。

SDカードのメニュー内に、「本体メモリとしてフォーマット」的な項目が出るらしいんですが、このとおり。

android 6.0 sdカード 内部ストレージ

使う使わないは別として、使える機能が使えないのはなんかなぁという感じですね。

Android 6.0以降のAndroid端末でSDカードを内部ストレージとして使う方法

調べてたらなんか出来そうな気配がしたので試してみて、そしたらできた的な。

この辺を参考にしました。
Here’s how to configure adoptable storage on your S7 / S7 Edge – Android – MoDaCo

必要要件

  • Android 6.0以降であること
  • adbコマンドがつかえるようになっていること

また、この作業を行うとSDカードが消去されるので、バックアップを取っておきましょうね。

Android 6.0以降のAndroid端末でSDカードを内部ストレージとして使うための手順

XperiaとPCを接続し、コマンドプロンプトを開く。

以下のコマンドを実行。

adb shell
sm list-disks

android 6.0 sdカード 内部ストレージ

上の画面だと、「disk:179,64」と出ていますが、これは人よって変わると思います。

続いて、以下のコマンドを実行。「disk:179,64」の部分は適宜変えてください。

sm partition disk:179,64 private

android 6.0 sdカード 内部ストレージ

これでSDカードが内部ストレージとして使えるようになりました。もし、SDカードの容量のうち、50%を内部ストレージとして使いたい場合は以下のようにすればOK。

sm partition disk:179,64 mixed 50

設定から容量を見てみる

実際に端末側でどう見えているかを確認します。まずは普通に32GBのSDカードが挿入されているとき。

android 6.0 sdカード 内部ストレージ

内部ストレージと外部ストレージに分かれていますね。

続いて、SDカードを100%内部ストレージとして割り当てた場合。

android 6.0 sdカード 内部ストレージ

数字がおかしい…ですが、SDカードが外部ストレージとしてではなく認識されていることがわかります。

50:50で割り当てるとこんな感じ。

android 6.0 sdカード 内部ストレージ

相変わらず数字はおかしいですが、SDカードの容量を内部ストレージと外部ストレージで使用していることが分かりますね。

もとに戻す(外部ストレージとして使う)場合は、SDカードのメニューから「外部ストレージとしてフォーマット」を選択すればOKです。

android 6.0 sdカード 内部ストレージ


内蔵ストレージが少ない端末を使っている人は試してみる価値アリです。

『Android』カテゴリの人気記事