Macでadbコマンド・fastbootコマンドを使えるようにする方法

Mac adb fastboot コマンド Android SDK

AndroidでROM焼きしたり、ごにょごにょしたりとかする時にはadbコマンドfastbootコマンドを使います。

今更ながらMacでもadbコマンドを使えるようにしたので、方法をまとめました。

ADT(Android Development Tools)をダウンロード

以下のリンクから「adt-bundle-mac-x86_64-20140702.zip」をダウンロード

https://dl.google.com/android/adt/adt-bundle-mac-x86_64-20140702.zip

ダウンロードしたものを解凍すると「eclipse」と「sdk」の2つのフォルダがあります。

Mac adb fastboot コマンド Android SDK

そのうちのsdkフォルダをアプリケーションフォルダに移します。Eclipseを使いたい場合は両方移しても構いません。

僕は「eclipse」と「sdk」をanddevというフォルダに入れて、アプリケーションフォルダに移動させました。

Mac adb fastboot コマンド Android SDK

PATHを通す

アプリケーションに入れただけではコマンドが使えないので、PATHを通します。

ターミナル.appを起動し、以下のコマンドでホームディレクトリに移動

cd ~

以下のコマンドを入力し、picoで.bash_profileを編集

pico .bash_profile

Mac adb fastboot コマンド Android SDK

以下を入力し、「control + O」> Returnキーを押下。platform-toolsのパスは適宜変更してください。

export PATH=$PATH:/Applications/anddev/sdk/platform-tools

Mac adb fastboot コマンド Android SDK

「control + X」でpicoを閉じる。

以下コマンドでPATHが通っているか確認する。

sudo cat .bash_profile

Mac adb fastboot コマンド Android SDK

OKですね。

Mac adb fastboot コマンド Android SDK

adbコマンドが使えるか確認

一応ちゃんとコマンドが使えるか確認してみます。

端末を接続し以下コマンドを入力

adb shell

コマンドが使えることが確認できました。

Mac adb fastboot コマンド Android SDK


これで、MacでもAndroidをいじいじできますね。

『Mac』カテゴリの人気記事