Ryzen 9 5950X、RTX 3060 Tiを搭載した自作PCのベンチマークを旧マシンと比較してみる

Ryzen 9 5950X、RTX 3060 Tiを搭載した自作PCのベンチマークを旧マシンと比較してみる

自作PC

年末にRyzen 9 5950X、RTX 3060 Tiを搭載した自作PCを組みました。

そういえば諸々のベンチマークをとって前のマシンと比較してなかったなと思ったので、スコアの比較をしてみます。

新PCと旧PCの比較

まずは新PCと旧PCの仕様をざっと比較します。

新PC 旧PC
CPU AMD Ryzen 9 5950X AMD Ryzen 9 3900X
CPUクーラー ASUS ROG RYUJIN 240 Corsair H100i RPG PRO
メモリ G.Skill Trident Z NEO 32GB×2 SMD4-U64G88M-32AA-D
マザーボード ASUS ROG Strix X570-I GAMING ASUS ROG Strix X570-I GAMING
ビデオカード ASUS ROG Strix RTX 3060Ti ASUS ROG Strix RTX 2070 Super
ストレージ Samsung SSD 500GB 980 PRO M.2 Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2
ストレージ Crucial P1 1TB Samsung SSD 1TB 860 EVO
ストレージ Samsung SSD 4TB 860 QVO
ケース Cooler Master NR200P NCASE M1
電源 Cooler Master SFX Gold 850W Corsair SF600 Platinum

ざっくりいうと、CPUがRyzen 9 3900XからRyzen 9 5950Xに、グラボがRTX 2070 SuperからRTX 3060 Tiにグレードアップしたという感じです。

Cooler Master NR200PにRyzen 9 5950XとRTX 3060 Tiをぶち込んだコンパクトなゲーミングPCを組んだ
16コア/32スレッドのCPU Ryzen 9 5950Xと最新のGPU RTX 3060 TiをITXケースのNR200Pに詰め込みました。 小さいケースにで…
decoy284.net

Ncase M1 v6.1 × Ryzen 9 3900Xで自作PCを組みました。小型ケース、かなり大変
高性能かつ小型なPCを組むぞ!ということでNcase M1を購入しました。 今回は実際にNcase M1にパーツをぶち込んで組んだ様子を紹介します。 https…
decoy284.net

各種ベンチマーク比較

それでは各種ベンチマークの結果を比較してみます。

CINEBENCH R23

まずはCPUベンチマークのCINEBENCH R23。

CINEBENCH R23 マルチ シングル
Ryzen 9 3900X 17756 1254
Ryzen 9 5950X 23693 1559

コア/スレッド数が12コア/24スレッド→16コア/32スレッドになり、動作周波数が3.8GHz(最大4.6GHz)→3.4GHz(最大4.9GHz)になっています。

それが如実にスコアに反映されている感じがしますね。

FF14ベンチ

FF14 4K 最高品質 フルHD 最高品質
RTX 2070 SUPER 8403 17725
RTX 3060 Ti 9941 23287

中程度の重さのFF14ベンチ。RTX 3060 Tiが約1.2~1.3倍ほどのスコアになっています。

FF15ベンチ

FF15 4K 高品質 フルHD 高品質
RTX 2070 SUPER 4406 10127
RTX 3060 Ti 5150 11001

割と重めのFF15ベンチ。こちらはRTX 3060 Tiが約1.1~1.2倍ほどのスコアになっています。

4K動画の書き出し

「4K30pの動画素材6つを適当にカットして10分にして4K30pで書き出す」というのをDavinci Resolve Studio 17とPremiere Proでやってみました。どちらもYoutube用のプリセットを使っています。

4K書き出し Davinci Premiere
Ryzen 9 3900X 5分51秒 8分09秒
RTX 2070 SUPER 2分57秒 3分01秒
Ryzen 9 5950X 4分33秒 6分05秒
RTX 3060 Ti 3分07秒 2分47秒

Davinci Resolve Studio 17は2070Sが3060Tiよりも10秒速く、Premiere Proでは3060Tiが2070Sよりも14秒速いという結果に。3060Tiの圧勝とはいきませんでした。

CPUを使ったソフトウェアエンコードでも計測しましたが。そちらは5950Xの圧勝って感じですね。

RAW現像

Nikon Z 7で撮影した104枚の写真をLightroom Classicを使ってRAW現像してみました。

RAW現像100枚 Lightroom Classic
Ryzen 9 3900X 2分55秒
Ryzen 9 5950X 3分12秒

ん~、3900Xのほうが速い…


これらのベンチマーク、バックグラウンドでいろいろ起動させている状態(普段使っているのと同じような状態)で測定してますし、3900Xマシンと5950Xマシンでは動作状況も違うのであんまり正確じゃないにしろ、うーんという感じの結果もありましたw

とはいえ今までのマシンより動作遅いなとか感じることはないですし、ゲームとかでは今までより高FPSでプレイできるので非常に快適です(144Hzモニタなので旧PCでも上限張り付きではあったけど)。

現在はCPUもグラボも品薄&価格高騰でなかなか気軽に買えない状況なので、そうなる前に勢いで購入したのは正解だったな~という感じがします。