最高のコンデジ、Nikon Z 7について

最高のコンデジ、Nikon Z 7について

カメラ

Nikon Z 7を、発売から約1年後に購入しました。

発売当初はD850の方が操作性もいいし強いし最高!なんて思ってましたが、数ヶ月使ってその考えは変わりつつあります。もちろんD850の方がいいこともあるけど、なんていうか比べるもんじゃないよな、みんな違って、みんないいんだよ。みたいな。

そんな、Z 7の最高なところについて書いていこうと思いますね。

Nikon Z 7は小さくて最高

以前使っていたD850比ですが、圧倒的に小さい。僕はコンデジだと思ってます。レンズつければそれなりなサイズだけど、でけえな…とは思いませんよ。

ほら、コンデジ。

これだけ小さいとカメラバッグも小さくできるので最高ですね。今はPeak DesignのEveryday Sling 10Lを使ってますが、カメラとその他小物ならもっと小さくてもいけますね。

ちょうどいいカメラバッグを探さないといけないという嬉しな悩みはありますけど、小さいことは最高です。

Nikon Z 7は軽くて最高

なによりもミラーレスなんでD850比では圧倒的に軽いです。

D850にはSIGMAの24-105mmのレンズを着けてましたが、その重量は約2kg。グリップ感がいいから重さはそこまで感じませんが、荷物として持ち運ぶときの重量としてはまぁ重いですよ。これは事実。

一方Z 7にキットレンズの24-70mm f/4を着けたときの重量は1,175g。約半分くらいの重さになりました。これは軽い、軽すぎます。

軽いということはそれだけ身体への負担も減りますから、サイズも相まってどこへでも持ち出すことができますね、最高!

Nikon Z 7はEVFがキレイで最高

Z 7を初めて触ったときに思ったんですけど、EVF綺麗すぎません??お世辞じゃなくミラーレスカメラの中で一番自然(OVFに近い)だと思います。

これは体験しないとわからないので、家電量販店とかで見比べてほしい。ホントに綺麗すぎるから。

僕はずっとデジイチ(=OVF)を使ってたからなのか、いかにも液晶画面感のあるEVFが苦手、というか違和感を感じてしまうな~という気持ちがあってミラーレスを避けていた部分もあったので、ファインダーが綺麗なのは結構重要でした。Z 7はそんな不安が解消されるレベルだったので、ホントに最高。

そんなこと言っといてあれですが、Z 7にしてから背面液晶見て撮ることもめちゃめちゃ増えたんですけどねw

Nikon Z 7は撮れる写真が最高で最高

スペックや使い勝手がどんなに良くても、アウトプットされたものがイマイチでは意味がないですからね。

Z 7はめっちゃいいですね。センサーが違うからなのか、撮って出しのよさみはD850より上だと感じます。レンズもいいんだろうな、うん。

シャドウの粘りとか、全体的な色味とか、写真上手になった感を味わえます。楽しい。

上手い写真かは知らんけど、僕的にはとても好きです、最高~~!

Nikon Z 7の最高じゃないところ

もちろんここはちょっとなぁ…ということもあります。

カードがシングルスロットなのは致命的だという人もいるくらいうーんって思うし、しかもXQDなので高い、ほんとに高い。幸い僕はD500のころから使ってたので財布にダメージはなかったけど。

小さいから操作性は一眼レフのほうが普通にいいなとも思います。ボタンの数も全然違うし。

…イマイチだと思うのは実際ほんとこれくらいですね。基本的に最高なのでまぁ許容しています。というかそれが許せるから買ったわけですし。

[作例] Nikon Z 7, NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

ちょろっとZ 7で撮った写真を載せておきますね。全部撮って出しです。

オリジナルサイズはFlickrにあげました。

Nikon Z 7が2019年ベストバイ

そんなわけでNikon Z 7、本当に買ってよかったと思います。間違いなく2019年のベストバイです。なんだかんだあって手持ちのデジカメはZ 7一台になりましたが、なにも困っていませんね。

これからしばらくはZマウントと共に歩んでいきます、本当にありがとう。


この記事は今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2019 の8日目の記事です。昨日はキリカさんの記事でした、久しぶりにゴリゴリのレビューでとても良かったです。明日はimcz_izuさんの記事です。